円盤投げの記録を伸ばすポイント

円盤投げの記録を伸ばすポイント記事一覧

円盤投げの3つの投法・それぞれのメリットとデメリットは?

ひとくちに円盤投げの投法といっても、現在は3種類の投げ方が認められています。「スタンディングスロー」「ハーフターン投法」「フルターン投法」です。どの投げ方が一番優れているということではなく、3つの投法にはそれぞれ一長一短があります。ほとんどの選手はスタンディングスローを覚え、ハーフターン投法を経て、...

≫続きを読む

 

円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習

円盤投げの練習は、野外でしかできないと思っていませんか?もちろん実際の投てきは、広いスペースが無ければ行えませんが、投げるだけが円盤投げの練習ではありません。実は、雨の日や練習が休みの日でも行える「自宅向けの練習方法」がちゃんとあるんです。特に円盤投げを始めて間もない初心者にとって、自宅での練習は大...

≫続きを読む

 

初心者が投げた円盤がフラフラしてしまうのはなぜ?

まだスタンディングスローを覚えたばかりの、初心者が投げた円盤を見ると、なぜか上下にフラフラと揺れていることがあります。フラフラ揺れている状態では、風の抵抗をしっかり受けてしまうので、当然のことながら飛距離も伸びません。円盤がフラフラと揺れてしまう原因は「円盤が回転していない」ために起こります。競技用...

≫続きを読む

 

円盤投のファールから見る基礎的な技術のチェック方法

川崎清貴選手が、約30年間持っていた円盤投日本記録が、2017年ついに堤雄司選手によって破られました。堤選手は184pと日本人選手としては大柄であり、ベンチプレスなどをはじめとしたウエイトトレーニングの記録も、高い水準であることからわかるように、身体能力や才能に恵まれた選手であると言えます。しかし、...

≫続きを読む

 

円盤投げで記録を伸ばす為には!3種類の投げ方について

陸上競技、円盤投げで記録を伸ばす為に必要な事とは、円盤に大きな力を伝達する事!この1点にかぎります。しかし、砲丸投げややり投げと明らかに違うところは、遠心力を円盤に伝達する点にあります。遠心力瞬発力身体全体の筋力といった複数の力を、円盤に掛けなければ記録はのびません。また、円盤投げでの動作は、日常生...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク