走り幅跳びコツ・練習方法・上達法

走り幅跳びコツ・練習方法・上達法記事一覧

走り幅跳びの練習法に「自己流」は不要?

「記録を伸ばしたい」というのは、走り幅跳びの選手なら誰もが考えることでしょう。1pでも長く跳ぶために、周囲の選手には内緒で自己流のトレーニングを積んでいるという選手も少なくないかと思います。筋トレをしたり、練習メニューを増やしたり、有名な選手の跳び方を真似してみたり…ときに、自己流トレーニングは選手...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの記録を伸ばすおすすめのDVD

何事もやはり記録が伸びていき、高い評価を得られるというのは嬉しいものです。特にアスリートの世界では、記録が何よりも力を持つという部分がありますので、その競技において過去の自分の限界を超え、記録が伸びた時の嬉しさというのは何物にも代えがたい、かけがえのないものであることは間違いありません。突然何の話を...

≫続きを読む

 

走り幅跳びでより遠くに跳ぶためのポイントと具体的な練習方法

走り幅跳びというと、30m程度のところから勢いをつけて跳んで着地というのが一般的なイメージだと思います。しかし、より遠くに跳ぶためには、主に以下の5つをスムーズに意識して行える必要があります。助走の組立方(前半−中間疾走―踏切前)踏切前動作踏切時のブロッキング動作(またはブロック動作)空中動作着地動...

≫続きを読む

 

走り幅跳びで記録を伸ばすために意識したい3点のこと

走り幅跳びで記録を伸ばすためには、助走のスピードを速くするそのスピードを跳躍に繋げるバネを付けるこの3点が重要です。さらに追求していくと、跳躍中の空中動作や着地なども重要になってきますが、まずはこの3点の重要性を理解しておく必要があります。走り幅跳びは短距離の走力が記録に影響する走り幅跳びは陸上競技...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの踏み切りから着地までの3種類の空中動作について

走り幅跳びの、空中動作をご紹介します。空中動作というのは、踏み切ってから着地するまで、滞空中に行う動作のことを指します。空中動作は、大きく分けてかがみ跳びそり跳びはさみ跳びの3種類のフォームに分けられます。かがみ跳び踏み切り脚は、踏み切ってから着地するまで、後ろに位置させます。踏み切り時に曲げている...

≫続きを読む

 

走り幅跳び専用のスパイクシューズについて

陸上競技には様々な種目がありますが、それぞれの種目に合ったスパイクシューズも存在します。陸上での記録を伸ばしていくには、筋力や技術などを向上させる必要があります。それプラス、専用のスパイクを使うことによって、さらに記録の向上がのぞめます。当然、走り幅跳び専用のスパイクシューズもありますので、ご紹介し...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの記録を伸ばすために助走・踏み切りでのポイント

まず、走り幅跳びの原理を単純に説明すると、踏み切り板まで助走をつけて走る踏み切り板を踏み切りジャンプする綺麗に着地すると大きく分けて3パターンとなります。3つの動き自体を、単発でやることはさほど難しくはありません。しかし、複合されてしまうと難しくなってしまい、どこか1つにほころびが出てしまうと、良い...

≫続きを読む

 

走り幅跳びにおすすめのトレーニングとは?

走り幅跳びに必要な筋肉には、大腿部下腿部腹筋背筋です。大腿部を鍛えるには、代表的なものとしてスクワットウォーキングランジがあります。ジャンプに必要な筋肉大腿部の前面を鍛えるスクワットは、ジャンプする動作に似ていて、ジャンプするのに必要な筋肉に負荷をかけることになります。そのため、幅跳びのジャンプに必...

≫続きを読む

 

走り幅跳びのコツは踏切直前に重心を下げること

走り幅跳びの助走は、できるだけ速く走りましょう。助走で速く走れば走るほど、高記録が出せます。よくいわれることが、「歩幅を狭くする」ことを推奨する人もなかにはいるのですが、これは誤りであって、歩幅は大きくしましょう。踏切直前に重心を下げるジャンプ直前の踏切の際に、重心が高ければ、効率よくジャンプができ...

≫続きを読む

 

走り幅跳びでの助走の移動エネルギーを踏み切り板にぶつけるイメージで跳ぶ

スタートを切り、走り、そして踏み切り板を蹴り、どれだけ長く空中を移動することができるか、それがそのまま記録になる非常にシンプルな競技が、今回ご紹介する走り幅跳びという競技です。しかしこちらの競技、シンプルな分、学校での授業や陸上競技の中でも、大変ポピュラーな存在となっています。記録を伸ばすにはそれ相...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの楽しさと魅力とは?

助走をつけて、踏み切り板から跳んでどれだけの距離を競う走り幅跳び。その魅力や楽しさはたくさんあるでしょう。そこで魅力や楽しさを紹介いたします。走り幅跳びで生まれ変わった感覚に?走り幅跳びは、飛んでいる人を見ているだけでは、興味のない人にはあまり面白いと感じないかもしれません。しかし、実際に自分が何度...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク