ハードル走上達でおすすめの本やDVD

ハードル走上達でおすすめの本やDVD

ハードル走上達でおすすめの本やDVD

ハードル走では、いくら短距離のスピードが速くても、無駄なくハードルを跨ぐ技術や、リズム感、恐怖心の克服などができなければ、スピードが落ちてしまいます。

 

確かに短距離のスピードが基になるのですが、それ以上に大切なのが、それらの技術面やメンタル面です。

 

それらを身につけるためには、しっかりとした正しい知識に基づいた練習です。

 

いくら練習を沢山したところで、間違った練習をしていれば、記録が伸びるどころか、ケガをすることもあります。

 

その正しい練習方法は、いい指導者に恵まれれば、自然とできるのですが、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。

 

そこで、おすすめしたいのが、本やDVDで学ぶことです。

 

ハードル走経験者が、ハードル走上達に役立った本やDVDを紹介いたします。

 

ハードル選手必見DVD!「ハードル上達革命」!

  • DVD「ハードル上達革命」

は、元陸上の400mハードル日本代表選手である、山崎一彦さんがハードル走の上達について指導しているDVDです。

 

ハードル走でのフォーム改善や、トレーニング方法、ストレッチ方法などハードル走上達について詳しく説明されております。

 

このDVDを観る事で、自己記録を更新される事は間違い無いでしょう。

 

ハードル走での正しい知識は、決して誰もが習得されているとは限りません。

 

今までの指導者や、顧問の先生だけからの視点からではなく、元日本代表選手としての視点から指導を受ける事で、今まで気がつかなかったハードル走のコツを掴みとるチャンスでもあるでしょう。

 

私自身も、陸上競技の指導者という立場ながら、このDVDから教わった事は沢山ありました。

 

正に選手にも指導者にも大変為になるDVDです。

 

42歳・男性・陸上歴29年

 

ハードル上達革命の公式販売サイトはこちら

 

初心者からも使えるハードルの本「陸上競技入門ブック ハードル」

小学生の息子は、短距離に於いては、クラスでもトップクラスに入る速さを持っているのですが、ハードル走となるとテンポがどうしてもあわず、クラスでもビリに近いタイムしかだせません。

 

それが悔しく克服したとのことで、ハードル走の本を探していたところ、こちらの本を見つけました。

 

その本は110mハードル日本記録保持者の、谷川聡さんが書かれた

  • 「陸上競技入門ブック ハードル」

というタイトルのものです。

 

文章も多いので、小学生が全てを理解するのは難しいかもしれませんが、そこ部分は保護者がフォローできる範囲かと思います。

 

文章以外に図も多いので、足の角度やテンポなどは子供でもわかりやすくなっています。

 

実際の写真があれば、よりわかりやすいかとは思いますが、これでも充分、初心者から陸上部の方まで幅広く使える価値の高い本だと思い、おすすめの1冊です。

 

12歳 男子 ハードル歴1ケ月の保護者

 

 

ハードル走の理論や練習方法が学べる本

専門学校に通っていた時に、授業を兼ねて、マスターズの陸上大会に出なければならないことがありました。

 

種目がまさしくハードル走でした。

 

その時に参考にした本がベースボールマガジン社の

  • 「陸上入門ブック ハードル」

と言う本でした。

 

元々ハードルは選手ではないものの、行なってはきていましたので、さほど本を見て参考にすることはないと思っていましたが、いざ本を見てみるとハードルの理論やハードル走の練習方法などが、図や写真などと一緒に分かりやすく記載されていました。

 

そもそも、ハードル走に特化した解説本自体が、なかなかありませんので、このようにしてハードル走についてまとまっている本があって助かりました。

 

この本を見てトレーニング方法が変わり、無事に自己ベストを出すことが出来ました。

 

ハードル走についての本として、とてもおすすめの本であると言えるでしょう。

 

25歳・男・陸上歴3年

 

陸上競技入門ブック ハードルを購入するならこちら

走り幅跳び上達法

ハードル走上達のコツ無料メールマガジン

ハードル用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

ハードルで自己ベストを更新する練習法はこちら

ハードル走の基礎やトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら