走り幅跳びでの記録の伸ばし方や注意点

走り幅跳びでの記録の伸ばし方や注意点記事一覧

走り幅跳びの空中フォームと着地について

走り幅跳びの空中フォームというとかがみ跳び反り跳びはさみ跳びがあります。どの跳び方が優れているということは一概にはいえませんが、自己のレベルにあった跳び方をするのが、記録を伸ばすための第一条件です。空中フォームの種類(1)かがみ跳び初心者に向いているのがこのかがみ跳びです。助走のスピードを生かすこと...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの記録別練習方法と練習メニューについて

走り幅跳びでより遠くへ跳びたいけど、どういう練習をしていけば良いのかどのようにメニューを組んでいけば良いのかなど、分からないことがたくさんあると思います。今回はその練習方法と練習メニューについて触れていきます。練習のイメージ走り幅跳びの練習イメージとしては、砂場で跳ぶ練習をたくさんすれば、記録が伸び...

≫続きを読む

 

三段跳びの楽しさや向いている人とは?上位入賞しやすい種目といわれる理由

ホップ・ステップ・ジャンプでお馴染みな陸上競技の種目といえば三段跳びです。しかし、三段跳びの競技者からするとお馴染みですが、一般の人からするとあまり馴染みがないかもしれません。学校の体育の授業で、走り幅跳びを取り入れている学校もありますが、三段跳びを教えている学校は稀でしょう。そうなると、走り幅跳び...

≫続きを読む

 

走り幅跳びの選手が気をつけるべき怪我の種類

走り幅跳びに限った話ではありませんが、陸上競技には怪我がつきものです。転んだり衝突したりしたときに負傷するのは当たり前としても、陸上選手は「練習していただけなのに痛みを感じる」という不思議な怪我に悩まされがちです。いわゆる「職業病」にも似た現象だといえるでしょうか。走り幅跳びの選手は、「目に見えない...

≫続きを読む

 

走り幅跳びにおける3種類の跳躍法の比較

走り幅跳びにおいて、最もオーソドックスな跳躍法だといえるのが「かがみ跳び」です。ほとんどの場合、初心者はかがみ跳びから練習をスタートさせます。ただし「初心者向け」ではあっても「初心者専用」ではないのが、かがみ跳びの魅力です。かがみ跳びを使って世界で戦う選手はいくらでもいますし、学生・アマチュアレベル...

≫続きを読む

 

走り幅跳びで記録を伸ばすには?ファールに対する考え方

陸上競技、走り幅跳びでの記録を伸ばす為には、様々な要素が考えられます。助走スピード跳躍力のアップ跳躍した後のフォーム身体の柔軟性など必要不可欠な要素は沢山あります。ですが、これらの要素は自分自身の身体能力に左右されるものであり、日頃のトレーニングを行う事で肉体的に結果に結び付くものであります。この他...

≫続きを読む

 

走り幅跳びでのジャンプ力・助走スピードを上げるトレーニング方法とは?

走り幅跳びで記録を左右する要素には様々ありますが、特にジャンプ力助走スピード踏切りテクニックの3つの要素が大変重要なポイントとなります。これらはいずれも日々の練習や、トレーニングで培っていく要素となります。走り幅跳びで必要な筋力は腹筋背筋太ももふくらはぎの筋力が記録を左右します。これらの必要な筋力を...

≫続きを読む

 

走り幅跳びにおけるスランプ克服法について

中学3年間や高校3年間、それ以降においても、おそらく誰しも陥る可能性があるのがスランプではないでしょうか。中学もトップクラスで、高校・大学とトップクラスの人はいます。しかし、中学の時は全国大会まで行ったのに、高校に入ったら名前を聞かなくなったというのはよくあることです。また、中学時代の記録を越せなく...

≫続きを読む

 

走り幅跳びのルールとは?

走り幅跳び(走幅跳)は、陸上における跳躍種目のひとつです。助走路をいっぱいに使って助走をつけ、どれだけ長い距離を跳ぶことができるのかを競います。小学校の体力テスト等にも取り入れられている競技なので、陸上経験が無くても走り幅跳びには馴染みがある方も多いのではないでしょうか。走り幅跳びでは特別な道具を使...

≫続きを読む