ハードルのコツや練習方法・上達法

ハードルのコツや練習方法・上達法記事一覧

ハードル走でリズミカルに走るには?

ご存知でしたか?実はハードル走で自己ベストを更新する練習法というものが世の中には存在するのです。そしてそれらは、限られた人しか知ることができないのです。というのも、ハードル競技のトップ選手でなければ、ハードルで自己ベストを更新するための効率的な練習方法を知らないのが理由です。そんなトップ選手からの指...

≫続きを読む

 

ハードル競技上達のカギは「縦の動きと横の動き」を理解することにあった!?

「人よりも多く練習する」ということは、どんなスポーツにおいても上達を司る要素になり得ます。しかし、一流の選手になるためには「人よりも多く練習する」なんてあくまで大前提、どの選手も行っている当たりまえの工夫に過ぎません。スポーツにおける上達の理論が確立されつつある昨今、根性論だけで練習を続けていても、...

≫続きを読む

 

ハードル走のコツや練習方法、フォーム、トレーニング方法

ハードル走の練習は、とにかく走りながらハードルを跨ぐ練習です。振り上げ脚の膝を曲げないように、出来るだけまっすぐ振り上げます。膝が曲がってしまうと、ハードルにぶつかる可能性が高くなり、自然と高くジャンプしようとするため、タイムロスにも繋がります。抜き脚は、自分の腰の高さまで足をあげ、ひざと足首を直角...

≫続きを読む

 

ハードルの記録が伸びる練習方法と気構えとは?

小学校や中学校、高校、もしくは大学まで、授業や部活などで比較的ポピュラーに行われているのが、今回ご紹介するハードル競技です。こちらの競技はポピュラーな分競技人口も多く、記録を伸ばすには、ある程度練習の方法やトレーニングの内容を考えておく必要があります。そこで今回はハードルの記録が具体的に伸びる練習方...

≫続きを読む

 

ハードル競技のタイムアップに役立つ3つのコツや練習方法

陸上といっても、種目によって鍛えるべき筋肉や練習はことなります。陸上種目の中でも、障害を飛び越えながら、かつ全速力で走りぬかなければならないハードル競技は、リズム感器用さなど、陸上以外の感覚を養うことも大切です。今回は、ハードル競技のタイムアップに役立つコツや、練習方法をお伝えしていきます。ハードル...

≫続きを読む

 

ハードルのリズム感を養うために横で走ってシミュレーションを繰り返そう!

陸上競技でハードルがありますが、これを苦手とする人は多いのではないでしょうか。部活でハードル競技をしている人でも、苦手な人がいるくらいです。体育で初めてハードルをする人であれば、なおさら苦手な人は多いことでしょう。ハードルが苦手で嫌いという人のなかには、ハードルに足が引っかかってこけてしまったり、ぶ...

≫続きを読む

 

ハードル走の魅力や楽しさとは?

陸上競技で短距離の次にスピード感のある競技といえばハードルそうでしょう。しかし、まだハードル走をしたことがない人にとっては、その魅力や楽しさは、体験していません。そこで、これからハードル走の競技人口を増やして、それを続けてもらうためにも、ハードル走の魅力や楽しさを紹介いたします。達成感を味わうことが...

≫続きを読む

 

ハードル走でのハードルを跨ぐ為の効果的なトレーニング方法とは?

ハードル走で最も重要なポイントは、ハードルを跳び超えるのでは無く、跨ぐところにあります。「跳びこえる」と「跨ぐ」の違いは、ざっくり言うと、ジャンプした時に上方向に跳ぶのと、前方向に跳ぶ事の違いです。ハードルへの恐怖心から、上方向へと高く跳んでしまい、大きなタイムロスに繋がってしまう選手が大変多くみか...

≫続きを読む

 

ハードルに対する恐怖心を無くす2つの方法

ハードル走初心者は、ハードルに対して恐怖心を感じてしまうことがあります。ある程度の跳躍力があれば、決して飛び越えられない高さではないはずなのですが、「ぶつかって怪我をしそう」なんて考えてしまい、跳ぶことを躊躇してしまうのです。また、経験者がハードルにもつれて転倒し、ハードルに対してトラウマを抱えてし...

≫続きを読む

 

ハードル走のルールとは?

ハードル走には4種目あり男子110m女子100m男子400m女子400mとなっています。それぞれ、10台のハードルが設置されています。ハードルの高さハードルの高さは、年齢や性別によって高さが違っています。110メートルハードル一般男子 1067mm男子ジュニア 991mm中学男子 914mm100メ...

≫続きを読む