陸上短距離選手におすすめのサプリメントとは?

陸上短距離選手におすすめのサプリメントとは?

陸上短距離選手におすすめのサプリメントとは?

陸上競技の短距離種目において、記録を伸ばしていいくに重要なのは、競技の能力を高める方法、練習だけではありません。

 

  • 走るトレーニング
  • ウエイトトレーニング

と共に、

  • サプリメントなどを効率的に摂取

することで、競技レベルをさらに高めましょう。

 

陸上競技の中で、特に短距離選手が摂るといいサプリメントを、ご紹介致します。

 

クレアチン

クレアチンは、瞬発系の競技をする選手には、必須といってもいいほどのサプリメントです。

 

無酸素運動を行う上で、素早くエネルギーを作り出せるようにサポートをしてくれるので、陸上競技の短距離選手・跳躍選手・投擲選手などに愛用されています。

 

クレアチンは、アルギニン・グリシン・メチオニンの3種類のアミノ酸から合成され、絶えずエネルギーを作り出しています。

 

瞬発力を発揮する場面、高負荷がかかる場面では、筋肉のエネルギーの消費が激しくなりますが、クレアチンを体内に貯めておくことで、力をしっかりと発揮できる環境を整えることができます。

 

クレアチンを摂取する上で、気をつけなければならないポイントがあります。

 

それは、

  • ローディング期間が必要

なことです。

 

クレアチンを体内に貯めておくためには、準備期間が必要です。

 

  • 飲み始めは、1日20gのクレアチンを4回程度に分けて摂取

します。

 

これを

  • 1週間続けます。

 

クレアチンは筋肉に水分を取り込む作用があるので、この期間は多めに水分を取るようにしましょう。

 

準備期間を終えたら、1日の摂取量を5gにします。

 

摂取のタイミングとしては、食後、もしくはトレーニング後をおすすめします。

 

クレアチンパウダーを購入するならこちらがおすすめ

クレアチンを激安で購入できる海外店はこちら

 

 

プロテイン

プロテインとは、タンパク質のことです。

 

肉や魚、大豆にも含まれており、食事からも摂取できる栄養素です。

 

食事でタンパク質を摂ることは理想的なことですが、短距離選手のように激しいトレーニングをし、筋肉を修復させる、または更に大きく強くさせることを目的にする場合、食事の量を2倍、3倍にする必要があります。

 

しかし、食事には当然タンパク質以外の脂質なども含まれており、純粋にタンパク質を摂ることは難しくなるため、プロテインが必要とされています。

 

プロテインには、

  • カゼイン
  • ホエイ
  • ソイ

と、大きく分けて3種類のものがあります。

 

カゼイン

は、長い時間をかけてタンパク質を補給し続ける特徴があります。

 

ホエイ

は、筋肉を作る上で非常に重要な、BCAAというアミノ酸が多く含まれており、素早く吸収されるという特徴があります。

 

ソイ

は、大豆を原料としたもので、基礎代謝をアップさせます。

 

プロテインを摂取する際、トレーニング後に摂取する競技者が多く見られますが、私はトレーニングの1時間前の摂取をおすすめします。

 

なぜなら人間は、運動の1時間前に摂取したものを、体内でエネルギーに変えていくからです。

 

トレーニングの1時間程前にプロテインを摂取し、トレーニングが長引く場合は、吸収の速いゼリー飲料などを合間に摂るのがいいでしょう。

 

激安国産プロテイン購入するならこちら

プロテインを激安で購入できる海外店はこちら

 

アミノ酸

プロテインはタンパク質と言いましたが、タンパク質は消化・吸収されて、筋肉に届く頃に、アミノ酸になります。

 

筋肉にとって重要なアミノ酸は20種類あると言われており、この中の9種類は体内で作り出すことができません。

 

この9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸といい、食べ物から摂取する必要があります。

 

サプリメントとしてのアミノ酸は、プロテインよりも細かい成分でできているため、体内で分解する必要がなく、吸収の速さがメリットとしてあげられます。

 

また、プロテインの紹介の際に触れたBCAAは、筋肉中にあるアミノ酸の3割・4割程を占めると言われています。

 

筋肉のエネルギーになる他、筋肉の分解を防ぐ効果があるとされています。

 

トレーニングによりエネルギーがなくなると、自らの筋肉を分解してエネルギーを無理矢理生み出してしまい、その際に筋肉中のBCAAも失われてしまいます。

 

よって、アミノ酸も、トレーニング前の摂取をおすすめします。

 

BCAAパウダーを購入するならこちらがおすすめ

BCAAを激安で購入できる海外店はこちら

短距離走用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

短距離走の記録を伸ばすフォームや練習方法を学ぶならこちらがおすすめ

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

スタートで差をつける!短距離走のスタートダッシュ練習法
短距離走においてはスタート時のわずかな姿勢の違いすらも勝敗をわける要素になります。 無駄のないスタートダッシュを修得しておくことが、短距離走では非常に大きなアドバンテージになりうるのです。 スタートダッシュによって「トップスピードの出せない間」の無駄を省くことが重要になるわけです。 トップスピードを出し続けようとするのではなく、無駄なく素早くトップスピードに達することができるようなスタートダッシュを身に付けることが大切です。 スタートダッシュの技術を疎かにしていては、いくらトップスピードが速い選手であっても良い記録を出すことはできないでしょう。
短距離走でベストタイムを出すための歩幅はどれくらい?
陸上競技の世界では、走るときの歩幅のことを「ストライド」と呼びます。ストライドは単に「歩幅」と訳されることもありますが、やや「広めの歩幅」というニュアンスを含んでいます。 つまり何も意識せずに走るときの歩幅ではなく、より速く走るために広く歩幅をとるテクニックのことをそう呼ぶわけです。 ストライドの重要性を理解することは、短距離走の実力を伸ばすために必要不可欠だといわれています。
ウサイン・ボルトに学ぶ!効率的なカーブの方法
短距離走には、いくつかの「差がつきやすいポイント」があります。 スタート直後・カーブ地点・直線など…短距離走選手は、おのおのが得意な分野で相手に差をつけようとします。特に200メートル走・400メートル走では、カーブをいかにして無駄なく曲がるかというテクニックが明暗を分けます。 二足歩行ゆえに人間は走りながらカーブすることに向いておらず、どんな選手でもトップスピードのままでカーブすることはできないからです。 カーブによって生じるロスをいかにして軽減するかは、世界中の短距離走選手にとって永遠のテーマのひとつだといえるでしょう。
「中間疾走」ってなに?短距離走を構成する4つの要素について解説!
短距離走は大きく4つの構成要素に分割することができます。 構成要素は「スタートダッシュ」「加速」「中間疾走」「失速」の順に発生します。 短距離走を構成する4つの要素のうち、最も「伸ばし方」に苦労するのが中間疾走かもしれません。 では、中間疾走をよりよく走るためにはどうすればよいのでしょうか。