砲丸投げで記録を伸ばすために握力は必要か

【砲丸投げと握力の関係】

砲丸投げで記録を伸ばすために握力は必要か

投擲競技において「握力」は欠かせません。

 

握力が無ければ投擲物をキープすることができませんので、いくら肩が強くても記録を伸ばすことができないからです。

 

  • 物を遠くに投げるためのエネルギーを生み出すのが肩

なら、

  • そのエネルギーを一点に集中するのが手、つまりは握力の役割

なのです。

 

では、握力を鍛えれば鍛えるほど砲丸投げの記録は伸びるのか?といえば、一概にそうとは言えません。

 

握力はあくまで「キープ」する力であって、そこだけを鍛えたところで物を遠くに投げるパワーが上がるわけではないからです。

 

「投擲距離を伸ばす」ということだけが目的なら、握力ではなく肩まわりの筋力を鍛えるほうが効果的だといえるでしょう。

 

実際、砲丸投げの選手の握力は、一般的なスポーツ選手の握力と大差ありません。

 

大抵は「普通よりも強い」という程度で、全ての砲丸投げ選手が、常人を遥かに凌駕する握力を持っているわけではないのです。

 

つまり、砲丸投げで記録を出すために「握力は必要」ですが、「握力を鍛えても記録は伸びない」ということになります。

 

同世代の平均より握力が弱い人でも、肩さえ強ければ高い記録を出せる可能性は充分にあるといえるでしょう。

 

 

 

【どれくらいの握力が要るのか】

結論として、砲丸投げでは「必要最低限」の握力さえあれば記録を伸ばすことができます。

 

もちろん、握力があるに越したことはありませんが、「握力が強いから記録が伸びる」と直結するわけではないのです。

 

全ての筋肉には正しい役割があり、握力は「遠くに物を投げる」という働きを持っていません。

 

では「砲丸投げに必要最低限の握力」とはどれくらいなのでしょうか。

 

個人差があるため一概には言えませんが、目安として

  • 「全力の投擲に耐えうる握力」

があれば問題ありません。

 

アナタには、投げようとした砲丸が手からすっぽ抜けた…なんて経験はありますか?

 

手が滑ったという意味ではなく、握力が投擲の威力に耐えられなくて離してしまった、という意味です。

 

砲丸投げ未経験者なら有りうるケースですが、1ヶ月以上砲丸投げを続けている方なら「そんなこと有り得ない」と感じたのではないでしょうか。

 

そう、肩の力に握力が負けるなんてことはほぼ有り得ません。

 

投擲の練習をしていれば肩の力はつきますが、同時に握力も必要な分づつ強くなっていくので、勝手にバランスが取れているはずなんです。

 

もしも「砲丸を落としてしまう」ほど握力が無いのなら問題ですが、記録はともかく普通に投げることができるなら、必要最低限の握力はクリアしているといって良いでしょう。

 

握力アップにおすすめのアイテムはこちら

 

【握力を鍛える方法は?】

砲丸投げ選手の握力は、基本的に肩の筋肉と比例して強くなっていきます。

 

なので意識して鍛えようとしなくとも、普通に練習していれば必要な分の握力はついていくものです。

 

しかし絶対に例外が無いとは言いません。

 

練習内容の差や、生まれ持った体質によって、握力がなかなかつかないという選手もいるかもしれません。

 

そこでここでは、砲丸投げを行う上で必要最低限の握力を鍛える方法をご紹介しておきましょう。

 

握力を鍛えるときには、手の役割に応じた能力を伸ばすことが基本です。

 

大雑把に分類すると、手には

  • 「クラッシュ」
  • 「ピンチ」
  • 「ホールド」
  • 「オープンクラッシュ」

などの役割があります。

 

全体をまんべんなく鍛えてもよいのですが、

  • 砲丸を持つときには「ホールド」を鍛える

と良いでしょう。

 

「ホールド」とは、手のひら全体で物をギュッと握りこんだままキープする力です。

 

重いものを長時間持ち続けることができるようになるため、砲丸を投げる際の威力にも、負けない握力を得ることができます。

 

ホールドを鍛える方法はいくつもありますが、シンプルに

  • 「砲丸を持ったまま歩く」

というのが効果的です。

 

鍛えたい方の手で砲丸を持ち、腕をダランと下げた状態で長時間歩き続けます。

 

最初は1〜2分で限界がくるかもしれませんが、10分〜20分連続で行えるようになればOKです

 

砲丸投げ上達法

砲丸投げ専用のスパイクを購入するならこちらがおすすめ

練習用砲丸を購入するならこちらがおすすめ

砲丸投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

砲丸投げの技術とトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

「グライド投法」と「回転投法」のどちらを選ぶべきか
砲丸投げには「グライド投法」と「回転投法」の2種類の投てき方法があります。回転投法という新しいフォームが浸透した今でも、多くの選手がグライド投法による投てきを行い続けています。特に、日本では未だにグライド投法が主流となっており、回転投法メインの選手はまだまだ少ないというのが現状です。そこで今回は、砲丸投げにおける「グライド投法」と「回転投法」の特徴や、メリット・デメリットについて解説していきます。
グライド投法を極めるために守るべきポイントとは
現在、砲丸投げには「グライド投法」と「回転投法」の2種類があり、日本ではグライド投法が主流となっています。しかし海外のトップ選手は回転投法を使っているケースが多いため、自分もさらに飛距離を伸ばそうとグライド投法を捨てる選手が後を絶ちません。グライド投法が完璧に出来ていないのに回転投法に移行したとしても、まず結果が出る可能性は低いといえます。そこで、記録を伸ばしたいという方には「グライド投法のコツの見直し」をオススメします。
砲丸投げにスパイクって必要なの?
砲丸投げは他のスポーツに比べると必要な道具や備品の少ないスポーツですが、持参すべき道具があるとするなら唯一スパイクの存在が挙げられるでしょう。しかし砲丸投げを始めたとき、指導者に「専用のスパイクを用意するように」と指示されることは稀でしょう。というのも、学校の部活などで砲丸投げ専用スパイクを使っている生徒はそう多くないからです。結論から言えば、砲丸投げ専用スパイクが無くても砲丸投げはできます。しっかりと滑り止めの効く靴であれば、別に普通の運動靴でも構わないのです。
砲丸投げ初心者が「サイドステップ」を行うメリット
現在は、砲丸投げの投法といえば「グライド投法」か「回転投法」のどちらかをイメージする方がほとんどでしょう。この2種類の投法が生まれる前、世界の主流だったのは「サイドステップ」という投法でした。「サイドステップ」という名前の通り、投擲方向に対して体を横向きに移動させながら砲丸を投げる方法です。動きとしては、反復横跳びに近いイメージでもあります。サイドステップが古い技術であることに間違いはないのですが、サイドステップにはサイドステップのメリットがあるからです。詳しいメリットについて紹介していきます。
砲丸投げグライド投法での記録を伸ばす為には?
砲丸投げにおいて記録を伸ばすポイントは、 ・いかに砲丸に力を加えられるか ・いかに砲丸を素早く押し出せるか この2点に限ります。日本ではグライド投法が最も主流なっております。グライド投法での一連の動きとは、 @グライド Aパワーポジション B突き出し この3つの動き全てが先程の2点のポイントを左右するのです。それぞれに重要な役割があり、正しい動きをする事で自分自身の筋力をより多く砲丸へ伝える事が出来るのです。
砲丸投げで限界を感じた時に見直したい事
筋力をつければ砲丸が遠くに飛ぶと思っている方が結構多いのではないでしょうか。しかしながら、筋力を増やすだけでは砲丸を遠くに飛ばすことができません。 もし遠くに飛ばせたとしても、筋力をつけるのに多くの時間を費やしてしまい、無駄な時間になってしまうことも否めません。そこで効果的な練習方法を書きます。
砲丸投げでファウルを出さないためにリバースを磨こう
砲丸投げでよく発生するファウルは、主に2種類に大別されます。投擲時に選手本人がサークルからはみ出てしまうパターンと、投げた砲丸が円の中心から発生する扇形の外側に落下してしまうパターンですね。厳密にいえば他にもファウルのパターンはありますが、実際の競技中によく見られるのはこの2つではないでしょうか。サークルからはみ出してしまうファウルが多くなったら、リバースを磨き直しましょう。リバースは砲丸を投げたあとに行う制御動作で、これを意識するかどうかでファウルの本数は大きく変わってきます。
砲丸投げのルールとは?
砲丸投げ(砲丸投)は、砲丸を投げた飛距離で競うスポーツです。 競技用の砲丸を最も遠くに投げた人が勝ちという、実にシンプルかつ最も歴史のある陸上競技のひとつです。 砲丸投げは陸上競技における「投てき種目」のなかでも最も重い投てき物を扱う競技となっています。 使用する砲丸の重さは性別や年齢によって異なりますが、最も軽い中学女子の規格でも2.721s(6ポンド)、最も重い一般男子の規格では7.260s(16ポンド)といずれもかなりの重量になります。 もちろんテクニックも必要ですが、砲丸投げは他の競技よりも「力自慢」のスポーツであるといえるでしょう。