走り幅跳びで記録を伸ばすには?ファールに対する考え方

走り幅跳びで記録を伸ばすには!

走り幅跳びで記録を伸ばすには?ファールに対する考え方

陸上競技、走り幅跳びでの記録を伸ばす為には、様々な要素が考えられます。

 

  • 助走スピード
  • 跳躍力のアップ
  • 跳躍した後のフォーム
  • 身体の柔軟性

など必要不可欠な要素は沢山あります。

 

ですが、これらの要素は自分自身の身体能力に左右されるものであり、日頃のトレーニングを行う事で肉体的に結果に結び付くものであります。

 

この他にも実は走り幅跳びの記録を伸ばすは、もっと重要な秘訣があるのです。

 

踏み切り板を見てはいけない!

走り幅跳びでは、

  • 助走スピードをそのままの勢いで跳躍に繋げる事が大切

です。

 

ですが、ほとんどの人は踏み切り板を目線にしてしまい、踏み切りラインに気を取られて目線が下にいってしまい、助走スピードが落ちている事が多いのです。

 

それだけで無く、無意識のうちに、踏み切り板に歩数を合わせてしまうので、ブレーキがかかってしまいます。

 

これは、人間の持つ本能的なものなので仕方ありません。

 

だったら一層の事、踏み切り板を目線に入れず、やや上前向きに目線をおき助走を付ければいいのです。

 

 

走り幅跳びとはファールする競技である!

踏み切り板を見ないで助走したら、踏み切り時にファールになるのではないか。

 

恐らくこう思う人が多いでしょう。

 

勿論その通りファールになります。

 

ですが、踏み切りを躊躇して飛んだ記録であなたは満足するでしょうか。

 

もっと記録が出るのに保険をかけた記録でいいのでしょうか。

 

考えてみて下さい。

 

どんな素晴らしいオリンピック選手でも、6回の跳躍でファールをしない選手など居ません。

 

それだけ、少しでも記録を伸ばしたいと思っているのです。

 

ファールを抑える為には?

しかしながら、毎度ファールして記録が無いのでは話になりません。

 

ファールをしない為にも

  • 自分自身にあった歩数
  • 助走距離

を定める事が大切です。

 

  • 中学生以上の男性でしたら17歩か19歩
  • 女性でしたら15歩か17歩

が良いでしょう。

 

これは、利き足から助走に入り、利き足で踏み切るので奇数歩になります。

 

日々の練習で、毎回同じフォームを作る事が大切です。

 

特に、出始めの1、2歩は重要なカギを握っております。

 

何度も何度も練習して同じスピードで同じ距離、同じテンポで助走に入れるように努力しましょう。

 

助走距離の微調整

自分自身の歩数とフォームが決まったら、後は微調整が必要です。

 

毎日同じスピード、フォームで助走が走れるようになっても、その日の状態の変化で助走距離は変わってしまいます。

 

練習で飛んでみて、仮に踏み切り板より20cm手前で跳躍したら、助走距離を20cm縮める。

 

反対に20cmオーバーしてしまったら、助走距離を20cm伸ばすといった形です。

 

 

着地の重要性!

助走フォームから跳躍まで上手くいっても、着地で失敗してしまったら、折角の記録も残念なものとなってしまいます。

 

着地で最も重要な事とは、

  • 後ろに倒れ込んでしまい記録を落としてしまわない事

です。

 

理想的な着地を言ってしまえば、

  • 両足で着地して前方に倒れ込む

のが一番記録は伸びます。

 

ですがこれは大変無理もあり、逆に後ろに倒れ込む可能性がとても高いのです。

 

オリンピック選手や世界陸上での着地をみていると、ほとんどの選手がお尻で着地をしております。

 

これは、後ろに倒れ込む事を防ぐ為だけでなく、少しでも空中にいる時間を伸ばして距離を稼いでいるのです。

 

お尻を付いた最大後方の位置での記録となりますが、後方に倒れ込む可能性はほぼ無いので、良い着地方法といえるでしょう。

 

少しでも空中滞在時間を伸ばして、距離を稼ぐ事を意識して練習する事が大切です。

 

 

練習こそ最大のコツにあり!

記録を伸ばす為には、跳躍フォームや、腕の動きなど細かく言えば、まだまだ沢山ありますが、まずは

  • 助走フォーム
  • 目線の位置
  • 着地方法

を変えるだけで、誰もが必ず走り幅跳びでの記録は大きく伸びます。

 

後は、いかにファール率を下げれるかが問題となります。

 

その為にも、日々の練習は必ず必要なものとなります。

 

何度も何度も練習して、完成度の高い助走フォームを手に入れられたら、ファールを恐れずに当然のように跳躍する事が出来るでしょう。

 

どんな超人にも、練習無しでは一流のアスリートにはなれないのです。

 

走り幅跳び上達法

走り幅跳び用のスパイクを購入するならこちらがおすすめ

走り幅跳びで自己ベストを更新する練習方法はこちら

走り幅跳びの記録を伸ばすトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

走り幅跳びの空中フォームと着地について
走り幅跳びの空中フォームというとかがみ跳び、反り跳び、はさみ跳びがあります。どの跳び方が優れているということは一概にはいえませんが、自己のレベルにあった跳び方をするのが記録を伸ばすための第一条件です。各都道府県大会やインターハイなど強豪が集まる大会では1pや2p差が入賞の分かれ目になることが良くあります。その1pで泣かないためにも、無駄な着地をすることをなくしていくことが大切です。
走り幅跳びの記録別練習方法と練習メニューについて
走り幅跳びでより遠くへ跳びたいけどどういう練習をしていけば良いのか、どのようにメニューを組んでいけば良いのかなど分からないことがたくさんあると思います。今回はその練習方法と練習メニューについて触れていきます。
三段跳びの楽しさや向いている人とは?上位入賞しやすい種目といわれる理由
複雑な動作の中でホップ・ステップ・ジャンプを完全に行えた時、走り幅跳びとは違った体の浮き、つまり跳んでいるという感覚を得ることができます。記録が伸びれば伸びるほどその感覚は長くなり、この跳んでいるという感覚は一種の快感でもあり、楽しさでもあると思います。練習やコツを習得することで競技人口が少ない分上位入賞が見込める競技と言えるでしょう。
走り幅跳びの選手が気をつけるべき怪我の種類
走り幅跳びや陸上競技には怪我がつきものです。陸上選手は「練習していただけなのに痛みを感じる」という不思議な怪我に悩まされがちです。走り幅跳びの選手は、「目に見えない怪我」を負いやすい傾向があります。怪我というのは切り傷や擦り傷などの「目に見える怪我」だけではなく、肉離れや炎症といった「目に見えない怪我」のことも指すのです。見た目は何の変哲もないのになぜか筋肉が痛い…なんて経験をしたことはありませんか?選手生命をできるだけ長くしたいなら、走り幅跳びの選手が陥りがちな怪我の種類について知っておいたほうがよいでしょう。
走り幅跳びにおける3種類の跳躍法の比較
走り幅跳びでは大きく分けて3種類の跳び方があります。かがみ跳び、はさみ跳び、反り跳びです。それぞれメリットデメリットがあり、自分の体の特徴や性別、経験、実力などによって使い分ける必要があります。その3つの跳び方の特徴や選ぶ判断基準などを紹介いたします。
走り幅跳びでのジャンプ力・助走スピードを上げるトレーニング方法とは?
走り幅跳びで記録を左右する要素には様々ありますが、特に ・ジャンプ力 ・助走スピード ・踏切りテクニック の3つの要素が大変重要なポイントとなります。これらはいずれも日々の練習やトレーニングで培っていく要素となります。 走り幅跳びで必要な筋力は腹筋・背筋・太もも・ふくらはぎの筋力が記録を左右します。 これらの必要な筋力を効率的に鍛えるトレーニング方法を摂る事が大切です。そっらを紹介いたします。
走り幅跳びにおけるスランプ克服法について
おそらく誰しも陥る可能性があるのがスランプではないでしょうか。中学もトップクラスで高校・大学とトップクラスの人はいます。しかし、中学の時は全国大会まで行ったのに、高校に入ったら名前を聞かなくなったというのはよくあることです。また、中学時代の記録を越せなくなった人や高校1年生から記録がほぼ伸びていないという人もよくいます。そのような苦しい状況にある中でも、一生懸命練習しているのだけど、記録が伸びないという人に向けて事例を交えてスランプの打開の方法を紹介したいと思います。
走り幅跳びのルールとは?
競技開始の合図があったら、それから1分以内に試技を開始します。 ただし、同じ選手が連続して跳躍する場合のみ制限時間は2分以内となります。 助走路内であれば、助走の長さはどれだけとっても構いません。 それから1人につき3回まで試技を行い、3回目までに好記録を残した上位8人はさらに3回の試技を行います。 つまり公式の大会では、合計6回の試技のチャンスがあるわけです。