円盤投げ上達のためにおすすめのDVD

円盤投げの問題を解決するトレーニングプログラム

円盤投げ上達のためにおすすめのDVD

私は今、
  • 円盤投げの記録が思うように伸びていかない

とお考えなあなたに対してこの記事を書いています。

 

この記事をお読みということは、あなたは何かしら

  • 円盤投げの記録が伸びない

といったお悩みを持っているのではないでしょうか。

 

或いは、なたの近しい人、家族や友人、恋人、もしかしたらあなた自身がコーチで、自分の生徒や練習生の円盤投げの記録が伸びない、ということでお悩みかもしれませんね。

 

しかし、そんなお悩みはもう必要ありません。

 

なぜならば、

  • 下半身ひねりが苦手
  • ターンで右足が動かない
  • 高さが出ない
  • 肩が抜けてしまう
  • ファールが多い

などなど、これらの問題はすべて、これからご紹介する「一般的には指導されていない、あるトレーニングプログラム」を実践することで解決することができるからです。

 

一流の指導者

このプログラムについてご紹介する前に、一つお約束いただきたいことがあります。

 

もしあなたが

  • 円盤投げの記録など伸びなくても良い
  • 円盤投げで根性さえ身につけばもうそれで良い
  • 非効率的な方法こそ美しい

というようなお考えをお持ちの方である場合は、大変恐れ入りますが今すぐこの記事を読み進めるのをおやめ下さい。

 

それほどまでに、こちらの

  • 円盤投げ上達革命プログラム

には円盤投げの記録を効率的に、そして爆発的に伸ばすことの出来る秘伝が詰め込まれているのです。

 

円盤投げ上達革命の詳しい内容はこちら

 

申し遅れましたが、こちらのDVDプログラム内で指導をしている山崎監督について少々ご紹介させて頂きます。

 

山崎監督については高名すぎて、もはやご紹介の必要がないかもしれませんが、初心者の方々のためにもやはりご紹介をさせていただきます。

 

山崎監督は茨城県立 土浦湖北高等学校陸上競技部の監督を務められており、あの高校三冠を達成した日下望美選手など多くの優秀な円盤投げ選手を育成した名監督であられます。

 

また自身も円盤投げ日本歴代2位(当時)の記録保持者でもあり、名実ともに円盤投げの神様との呼び声も高いお方です。

 

 

自己ベストを更新する

今回ご紹介しているDVDプログラムにおいては、様々な円盤投げにおいてのお悩み、つまりは

  • 腰の移動
  • 足運び
  • 理想的なリリース

など、様々な部分について山崎監督がご指導をしてくださいます。

 

もちろん、このプログラムを受けたからといって、たったの1日で劇的かつ爆発的に記録が改善し、大会などで優勝をできるかといえばそうではありません。

 

しかし、こちらのDVDプログラムで効率的な練習方法を見いだすことで、短時間で自己ベストの更新まで持っていくことができます。

 

相手に勝つ、という事はまず自分に勝つ、ということです。

 

つまり、相手に勝つ前にまず前提として、過去の自分に打ち勝つことが必要となるのです。

 

そんな自己ベストの更新を、こちらのDVDプログラムで勉強することによって、非常に短期間でできるようになりますので、今までのお悩みとはおさらば、ということになりますね。

 

もちろん、こちらのプログラムは、自己流の円盤投げの練習によく見られるけがや、無理な練習による体の故障などを最大限回避するためのプログラムでもありますので、無理なく練習を続ける、というアスリートの基本中の基本も遵守することが可能となっています。

 

円盤投げ上達革命の詳しい内容はこちら

 

DVDなので何度でも学べる

本DVDプログラムでは、2枚のディスクからなる技術的な解説や日々の技術習得練習に欠かすことのできない、各種ドリルやトレーニング法についても紹介されています。

 

まず最初はトレーニングの前に、みっちりとこちらのDVDディスクを鑑賞するところからスタートすると良いでしょう。

 

総収録時間は109分となっていますが、この109分に詰め込まれたエッセンスを習得するために、ぜひ10回でも20回でも、そして100回でもご覧いただきたいと思います。

 

価格については税込みで1万5120円+送料540円ですが、こちらは何度でも視聴することが可能です。

 

つまり、1回の109分間の指導で1万5120円がかかるということではありません。

 

10回視聴すれば1回あたりのコストは1512円となりますし、100回視聴すれば何と1回あたりの指導にかかるコストは151.2円となります。

 

さあ、今こそ実戦で円盤投げの記録を伸ばす時です。

 

今までの円盤投げに関する悩みがなくなってしまうことで、少し寂しさすら感じてしまうかもしれませんが、それはあなたの新しいスタートの証拠でもあります。

 

あなたが新しいスタートを切り、円盤投げに関する悩みがなくなることを了承した上で、こちらからお申し込みにお進みください。

 

円盤投げ上達革命の公式サイトはこちら

円盤投げ上達法

練習用円盤を購入するならこちら

円盤投げ用シューズを購入するならこちら

円盤投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

円盤投の失敗例と改善策を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

「身体の仕組み」を理解しなければ円盤投げで結果を残すことはできない
円盤投げでは練習量ではなく練習内容に目を向けることです。記録が伸びないということは練習のやり方が間違っているという可能性があります。身体の仕組みを学ぶことは練習の効率化を図るために必要なプロセスです。重要になるのが腰の移動の仕方、足運び、理想的なリリースの3つのポイントです。結果が出るトレーニングを学ぶならDVD「やり投げ上達革命」がオススメです。
円盤投げに必要な回転時に身体を安定させる体幹部分の筋肉を鍛える
円盤投げに必要な筋肉として代表的なのは身体を安定させるための体幹部分の筋肉です。身体の軸を安定させることができなければ効率的に遠心力を得ることができなくなります。円盤投げの距離を伸ばすために必要なのは下半身の瞬発力です。上達するためにはこの下半身の力のロスを防いで上半身に力を伝えられるかどうかがポイントになります。
円盤投げの上達を目指すなら知っておきたいトレーニング方法
やり投げ競技と同様に、古代オリンピックの時代から正式種目だった円盤投げという陸上の投擲競技。円盤投げの飛距離を伸ばし上達を目指すのであれば、どのようなトレーニング方法が有効なのか?円盤投げのメカニズムを知ることで、より強化すべき筋肉やトレーニングの方法を紹介いたします。
円盤投げの基本3種類の円盤の持ち方について
円盤の持ち方は基本中の基本です。持ち方が誤っていれば、円盤が回転することなく、飛距離が出ないことになります。人差し指から小指に至るまで、いずれの指の間隔も同様にする持ち方、人差し指と中指を円盤につけるものの、薬指と小指は円盤から離すというもの、人差し指から薬指までを円盤につけて小指だけを離しておくというもの、の3種類です。
フリスビーを使って円盤投げをする意味はあるか?
雨の日など、外で円盤を投げられない日にはフリスビーを使った練習を行ってください」という指導を受けることがあるようです。確かに円盤とフリスビーはよく似た道具ですし、なんとなく練習になりそうな気もしますが円盤投げ選手がフリスビーを使うことは正直オススメできません。メリットが全く無いとまでいいませんが、それよりもむしろデメリットの方が多いと考えられるからです。
円盤投げの3つの動作「助走となる腕の振り」「回転」「投擲」について
円盤投げは大きくわけて3つの動作に分かれています。助走となる腕の振り、回転、投擲、です。これらがバラバラになっているとそれぞれが良くてもいい結果が出ません。身体の使い方、フォーム、リリースポイントについてや指導や多くの記事でも学習していることだと思います。それでも結果が出ないという方がいます。 そういう方が落ちっているであろうポイントについて書きます。
安全に円盤投げを行うためのチェックポイント
円盤投げの練習では「安全性の確保」が最重要です。投擲競技では、しばしば事故が発生します。選手が投げた物が通行人に直撃して怪我をさせたり、建物や車などを破損させたりといった事故を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。当然、円盤投げでもそうした事故が年に何件も発生してしまっています。事故を未然に防ぐために、円盤投げを行う全ての選手には「安全性の確保」を最優先に考える義務があるといえるでしょう。