フリスビーを使って円盤投げをする意味はあるか?

【フリスビーを投げるとデメリットが多い?】

フリスビーを使って円盤投げをする意味はあるか?

一部で、学生が「雨の日など、外で円盤を投げられない日にはフリスビーを使った練習を行ってください」という指導を受けることがあるようです。

 

確かに円盤とフリスビーはよく似た道具ですし、なんとなく練習になりそうな気もしますが…

 

指導者ごとに意見の分かれる話かもしれませんが、円盤投げ選手がフリスビーを使うことは正直オススメできません。

 

メリットが全く無いとまでいいませんが、それよりもむしろデメリットの方が多いと考えられるからです。

 

フリスビー練習のデメリット

一番大きなデメリットは

  • 「重さの感覚を見失う」

ことですね。

 

形こそよく似ていますが、フリスビーと円盤では重さが全くちがいます。

 

フリスビーは一般人でも投げられるよう軽量化されているので200g以下の重さしかありませんが、円盤の重さは1kg〜2kgあります。

 

円盤は実に、フリスビーの10倍以上もの重さがあるのです。

 

これだけ重さが違えば、いくら形が似ていても「全く別物」だと考えてよいでしょう。

 

フリスビーは「軽さを活かして」小さな力で遠くまで飛ばす道具であり、円盤は「重さを活かして」大きなエネルギーを生み出す道具なのです。

 

実際に投げてみるとわかりますが投げ方が全く違うので、フリスビーを上手く飛ばせるようになっても円盤の飛距離は伸びません。

 

フリスビーはしっかり握って手首のスナップで投げますが、円盤は手で握らず指先だけを引っ掛けて遠心力で投げるものです。

 

変に練習してフリスビーに慣れてしまうと、重さと投げ方の感覚が狂ってしまい、記録を落とすことも考えられるでしょう。

 

 

 

【円盤を使わない練習は他にもある】

県の指導員は「雨の日の練習できない日にフリスビーを投げる」と言っていたようですが、そもそも雨の日にも円盤投げの練習はできます。

 

もちろん屋外で円盤を投げるというわけにはいかないでしょうが、円盤投げにも屋内向けの基礎練習はたくさんあるのです。

 

初心者なら

  • 「円盤を握らずに持つ練習」

を行うのが良いでしょう。

 

円盤を握らずに持つ基礎練習は、プロでも継続して行っている方が多く、指先だけで自在に円盤を操れるようになることは、初心者脱出の近道にもなります。

 

投げる必要はありませんので、テレビを見ながらでも、ラジオを聞きながらでも、とにかく長時間円盤に触り続けることが重要です。

 

雨の日は円盤投げ上達革命のDVDを見るのもおすすめ

 

鏡があれば

  • 「フォームの確認」

を行うのもよいでしょう。

 

外で練習しているときは、なかなか自分のフォームを見るチャンスがありませんが、雨の日なら鏡の前でフォームチェックが可能です。

 

自分の脳内で思い描いていた動きがしっかりできているか、雨の日こそしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

 

円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習

 

また、

  • 「筋トレ」

も重要な練習のひとつです。

 

屋外で練習している間にも筋力はついていくものですが、さらなる記録を目指すなら筋肉は邪魔になりません。

 

円盤投げでは全身の筋肉をバランスよく使うので、一ヶ所に絞らず全身を満遍なく鍛えるようにしましょう。

 

どの練習を取り入れるのもアナタの自由ですが、少なくとも上記の3つはフリスビーを投げるより遥かに有用な練習になるはずです。

 

円盤投げに必要な回転時に身体を安定させる体幹部分の筋肉を鍛える

 

【円盤投げ選手がフリスビーを投げると面白い実験結果が】

最後に、ちょっと面白い実験結果があったので、ご紹介したいと思います。

 

2017年に放送された某バラエティ番組の企画なのですが、「円盤投げの選手がフリスビーを投げたらどうなるのか」という実験がありました。

 

確かに、日本を代表する円盤投げ選手がフリスビーを投げたら、恐ろしく遠くまで飛んでいきそうですよね。

 

番組は「フリスビーは犬が追いかけられないほど遠くまで飛んでいくのでは?」というスタンスで進行が進んでいきました。

 

この実験にチャレンジしたのは、現在日本歴代6位の記録を保持している知念豪選手。

 

日本を代表する円盤投げ選手として、全く文句の無い人選だと思います。

 

しかし結果は燦々たるものでした。

 

知念選手が投げたフリスビーは、投擲直後に風の抵抗を受けて失速し、わずか14mしか飛ばなかったのです。

 

フリスビーは、一般人でもちょっと練習すれば30〜40mは飛びますので、これは明らかに悪い記録だといえます。

 

知念選手はその後何度か再チャレンジしましたが、対して記録は伸びませんでした。

 

これは「フリスビーと円盤投げが全く違うスポーツである」という、この上ない裏付けになっています。

 

逆もまた然りで、いくらフリスビーが上手くなったとしても、円盤投げの記録には何ら影響を与えないといえるでしょう。

 

円盤投げ上達法

練習用円盤を購入するならこちら

円盤投げ用シューズを購入するならこちら

円盤投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

円盤投の失敗例と改善策を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

「身体の仕組み」を理解しなければ円盤投げで結果を残すことはできない
円盤投げでは練習量ではなく練習内容に目を向けることです。記録が伸びないということは練習のやり方が間違っているという可能性があります。身体の仕組みを学ぶことは練習の効率化を図るために必要なプロセスです。重要になるのが腰の移動の仕方、足運び、理想的なリリースの3つのポイントです。結果が出るトレーニングを学ぶならDVD「やり投げ上達革命」がオススメです。
円盤投げ上達のためにおすすめのDVD
円盤投げで、下半身ひねりが苦手、ターンで右足が動かない、高さが出ない、肩が抜けてしまう、ファールが多い、などこれらの問題はすべて、これからご紹介する「一般的には指導されていない、あるトレーニングプログラム」を実践することで解決することができるます。それが円盤投げ上達革命のDVDです。腰の移動や足運び、理想的なリリースなど、様々な部分について効率的な練習方法を見いだすことができます。
円盤投げに必要な回転時に身体を安定させる体幹部分の筋肉を鍛える
円盤投げに必要な筋肉として代表的なのは身体を安定させるための体幹部分の筋肉です。身体の軸を安定させることができなければ効率的に遠心力を得ることができなくなります。円盤投げの距離を伸ばすために必要なのは下半身の瞬発力です。上達するためにはこの下半身の力のロスを防いで上半身に力を伝えられるかどうかがポイントになります。
円盤投げの上達を目指すなら知っておきたいトレーニング方法
やり投げ競技と同様に、古代オリンピックの時代から正式種目だった円盤投げという陸上の投擲競技。円盤投げの飛距離を伸ばし上達を目指すのであれば、どのようなトレーニング方法が有効なのか?円盤投げのメカニズムを知ることで、より強化すべき筋肉やトレーニングの方法を紹介いたします。
円盤投げの基本3種類の円盤の持ち方について
円盤の持ち方は基本中の基本です。持ち方が誤っていれば、円盤が回転することなく、飛距離が出ないことになります。人差し指から小指に至るまで、いずれの指の間隔も同様にする持ち方、人差し指と中指を円盤につけるものの、薬指と小指は円盤から離すというもの、人差し指から薬指までを円盤につけて小指だけを離しておくというもの、の3種類です。
円盤投げの3つの動作「助走となる腕の振り」「回転」「投擲」について
円盤投げは大きくわけて3つの動作に分かれています。助走となる腕の振り、回転、投擲、です。これらがバラバラになっているとそれぞれが良くてもいい結果が出ません。身体の使い方、フォーム、リリースポイントについてや指導や多くの記事でも学習していることだと思います。それでも結果が出ないという方がいます。 そういう方が落ちっているであろうポイントについて書きます。
安全に円盤投げを行うためのチェックポイント
円盤投げの練習では「安全性の確保」が最重要です。投擲競技では、しばしば事故が発生します。選手が投げた物が通行人に直撃して怪我をさせたり、建物や車などを破損させたりといった事故を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。当然、円盤投げでもそうした事故が年に何件も発生してしまっています。事故を未然に防ぐために、円盤投げを行う全ての選手には「安全性の確保」を最優先に考える義務があるといえるでしょう。