ハードル走でリズミカルに走るには?

ハードル走で自己ベストを更新する練習方法

ハードル走の記録を伸ばすためにおすすめのDVD

ご存知でしたか?

 

実は

  • ハードル走で自己ベストを更新する練習法

というものが世の中には存在するのです。

 

そしてそれらは、限られた人しか知ることができないのです。

 

というのも、ハードル競技のトップ選手でなければ、ハードルで自己ベストを更新するための効率的な練習方法を知らないのが理由です。

 

そんなトップ選手からの指導を受けられるハードル走競技者が、日本国内にどれほどいることでしょうか。

 

しかし、今この瞬間、あなたもこれらの限られた人たちの仲間入りをする権利を得ました。

 

というのも、このあなたへの記事では、元400mハードル日本代表で幾多のトップ選手をも育ててきた一流指導者が

  • 「個人指導で限定的に教えているハードルで自己ベストを更新する練習方法」

について収録した、
ハードル上達革命DVDプログラム
の販売ページへのご案内を添えているのです。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

 

ハードルの技術的な問題を解決する

こちらのDVDプログラムをご覧になり、まず最初に認識いただくことがあります。

 

それが「日々単純にトレーニングを消化したり、筋力をつけるだけでは記録は伸びていかない」ということです。

 

そのため、昔ながらの考え方に基づいて人一倍トレーニングをしたり、筋力を付ければ良いということではない、ということを最初に認識していただくことになるのです。

 

続いては、ハードルのトレーニングをするに当たって技術的な問題、例えば

  • ハードルの跳ぶリズムが不安定
  • ハードルを倒してしまうという恐怖感
  • 逆脚でのハードリンクが苦手

そういった問題に関してな解決策や、効果的な練習方法などについて学習していくことになります。

 

これらについては後ほどご紹介する販売ページでも、サンプル映像が公開されていますので、まずは一度後ほどご紹介する販売ページでサンプル映像をご覧いただければすべてをご理解いただけると思います。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

 

 

理解しやすい内容

また、こちらのDVDプログラムのいいところをもう一つ挙げるとすれば、非常に解説や説明がわかりやすく、間違った解釈をしづらい構成になっている、という部分になるでしょう。

 

というのも、こういった映像プログラムなどでの教則本や教則ビデオでは、何かとわかりづらい説明に終始していることが多々あるため、これらの教材を確認しただけでは、実際にどのような方法が一番正しいのかが理解できないことが多々あります。

 

そして説明のわかりづらさに起因する勘違いや、誤解も多々生じますので、結果としてこれらの練習方法を実践したがために、記録が伸びなくなってしまったり、或いは無理なトレーニングがたたって、けがをしてしまうという危険性すらあるのです。

 

しかしこちらのDVDプログラムについては、先程もご紹介した通り非常にわかりやすく、誤解などが生じにくい徹底した解説になっていますので、これらの勘違いなどが生じる心配というのはほとんどないと言っても決して過言ではないのではないでしょうか。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

 

一流選手からの指導

また、こちらのDVDプログラムの講師の山崎 一彦先生ですが、こちらの先生は、元400mの日本代表であった人なのです。

 

日本人初のファイナリストとなった力の持ち主です。

 

残念ながら、こちらのお手紙からご紹介している販売ページについては大々的なプロモーション、つまり宣伝が行われているわけではありません。

 

この広いネットの世界で、再びこちらのページにたどり着くというのは、至難の技だと言っても決して過言ではないでしょう。

 

そのため、今あなたがお読みのこのお手紙を閉じてしまうと、今後二度とこちらの貴重なDVDプログラムの販売ページに辿り着くことすらできなくなってしまう可能性があります。

 

そしてこちらの公式ページでは、DVDプログラムの販売や、先程も申し上げた通りサンプル映像の配布も行っていますので、こちらからまず、今回のDVDプログラムがどのような仕上がりになっているかチェックしてみる、といういうのもよろしいのではないでしょうか。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

陸上競技のおすすめDVDはこちら

走り幅跳び上達法

ハードル走上達のコツ無料メールマガジン

ハードル用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

ハードルで自己ベストを更新する練習法はこちら

ハードル走の基礎やトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

ハードル競技上達のカギは「縦の動きと横の動き」を理解することにあった!?
ハードル競技では「縦の動き」「横の動き」を理解することが上達に必要不可欠です。「縦の動き」とは「真上に跳ぶ力」のことです。「横の動き」とは、「前方に跳ぶ力」のことを指します。縦の動きが足りないと感じたら、バウンディングなどのトレーニングで真上に跳ぶ力を強化します。横の動きが足りないと感じたら、地面をしっかりと蹴って走力を上げるためのトレーニングを追加します。縦の動き・横の動きを理解するためにはDVD「ハードル上達革命」がおすすめです。
ハードル走のコツや練習方法、フォーム、トレーニング方法
振り上げ脚の膝を曲げないように出来るだけまっすぐ振り上げます。抜き脚は、自分の腰の高さまで足をあげ、ひざと足首を直角に曲げます。これらが記録を伸ばすための基本フォームとなります。ハードルから遠いところで踏み切るのも重要です。1台目までを8歩、ハードル間を3歩で走るのがコツです。瞬発力をつける筋トレの仕方が重要になってきます。
ハードルの記録が伸びる練習方法と気構えとは?
授業や部活などで比較的ポピュラーに行われているのがハードル競技です。記録を伸ばすには、練習の方法やトレーニングの内容を考えておく必要があります。そこでハードルの記録が具体的に伸びる練習方法と、ハードルを行う上での気構えについてご紹介をしていきたいと思います。
ハードル競技のタイムアップに役立つ3つのコツや練習方法
ハードル競技は、リズム感や器用さなど陸上以外の感覚を養うことも大切です。ハードル競技の記録を伸ばすために覚えておきたい3つのコツがあります。ハードルとハードルの間を3歩で走りぬく走力をつける、リズム感をつける、恐怖感を無くすなどです。どうやってコツを習得すればいいの?などを紹介いたします。
ハードルのリズム感を養うために横で走ってシミュレーションを繰り返そう!
ハードル競技を克服するためには、恐怖心や劣等感を除外する事が重要です。心理的な要因苦手意識から、失速する、上手く走るスピードと連携できずに立ち止まる事になります。ハードル競技のコツはリズム感です。リズム感が養われていれば、競技開始から終了まで、ほぼ同じ走りができます。ハードルを実際にまたぐのではなく、その横で走る、つまりはシミュレーションをすることも段階としてよいでしょう。
ハードル走の魅力や楽しさとは?
陸上競技で短距離の次にスピード感のある競技といえばハードルそうでしょう。そのハードル走の魅力や楽しさを紹介いたします。「達成感を味わうことができるハードル走」「心技一体、ハードル走はやってみたら夢中になれる」「走り飛び越える達成感」「心技一体、ハードル走はやってみたら夢中になれる」「障害物があるからこそ面白いハードル」「ハードル走は怖さではなく、楽しさ」
ハードル走でのハードルを跨ぐ為の効果的なトレーニング方法とは?
ハードル走で最も重要なポイントは、ハードルを跳び超えるのでは無く、跨ぐところにあります。 「跳びこえる」と「跨ぐ」の違いは、ざっくり言うと、ジャンプした時に上方向に跳ぶのと前方向に跳ぶ事の違いです。 ハードルへの恐怖心から上方向へと高く跳んでしまい、大きなタイムロスに繋がってしまう選手が大変多くみかけられます。 ハードルを跨ぐ為にはとにかく練習するしかありません。 しかし、間違った練習方法を繰り返していても、いつまで経ってもハードルを跨ぐ事は出来ません。 ここでは、ハードルを跨ぐ為のトレーニング方法を紹介していきます。
ハードルに対する恐怖心を無くす2つの方法
ハードル走初心者は、ハードルに対して恐怖心を感じてしまうことがあります。ある程度の跳躍力があれば決して飛び越えられない高さではないはずなのですが、「ぶつかって怪我をしそう」なんて考えてしまい跳ぶことを躊躇してしまうのです。もしも「ハードルが怖い」と感じてしまったら、いくら身体能力が高くともハードル走は務まりません。まずはしっかりと恐怖心と向き合い、ハードルに対する恐怖心を無くす努力をするのが賢明でしょう。今回は、そんなハードル恐怖症を抱えてしまった方のための「ハードルに対する恐怖心を無くす方法」を2つご紹介します。
ハードル走のルールとは?
ハードル走には4種目あり、それぞれハードルの高さやインターバルなどが違います。またルールを知らないと失格になることもありますので、しっかりと理解しておくことが必要です。