ハードル競技上達のカギは「縦の動きと横の動き」を理解することにあった!?

ハードル競技における「縦の動き」「横の動き」とは?

ハードル競技上達のカギは「縦の動きと横の動き」を理解することにあった!?

「人よりも多く練習する」ということは、どんなスポーツにおいても上達を司る要素になり得ます。

 

しかし、一流の選手になるためには「人よりも多く練習する」なんてあくまで大前提、どの選手も行っている当たりまえの工夫に過ぎません。

 

スポーツにおける上達の理論が確立されつつある昨今、根性論だけで練習を続けていても、なかなか大記録を打ち立てることはできないでしょう。

 

ハードルの世界においてもそれは同じです。

 

人一倍練習に励んでいるつもりでも、他の選手に勝てないなんてことはザラにあります。

 

しかし多くの場合、選手間の実力差は「才能」や「センス」なんて、あやふやな要素によって生じているわけではありません。

 

ましてや、速い選手と遅い選手の実力は「練習量の差」なんて、全時代的な考え方だけで覆せるものでもないのです。

 

では、どのような要素がハードル競技における、選手間の実力差に繋がっていると思いますか?

 

答えは至ってシンプルで、

  • 「練習内容の差」

こそが最も大きな要因になっていると考えられます。

 

縦の動きと横の動きを理解する

近年、ハードル競技では

  • 「縦の動き」
  • 「横の動き」

を理解することが、上達に必要不可欠だと考えられるようになってきました。

 

このワードを聞いてピンときた方ならまだしも、「縦の動きと横の動きってなに?」と疑問に感じた方は、そもそも練習内容で差をつけられていた可能性があります。

 

ザックリ言うと、

  • 「縦の動き」とは「真上に跳ぶ力」

のことです。

 

対照的に

  • 「横の動き」とは、「前方に跳ぶ力」

のことを指します。

 

人間はハードルを跳び越えようとするとき、まず縦の力によって体を浮かせ、横の力によってハードルを越えます。

 

単に「跳ぶ」という動きで捉えるのではなく、「縦の力」「横の力」が合わさって、初めてハードルを飛び越えるという動きが可能になるのだと理解する必要があります。

 

なぜなら、縦の力と横の力では、使う筋肉も違えば押さえておくべきポイントも全く違うからです。

 

勢いよく飛んでいるのにハードルに足がぶつかってしまうという方は、「縦の力」が足りていないと考えるべきです。

 

ちゃんと高く跳んでいるはずなのにハードルを倒してしまうという方は、「横の力」が足りないと考えるべきです。

 

「跳ぶ」という動作を「縦の動き」「横の動き」に分けて考えることは、自身に足りていない力をより細かく分析するのに役立つのです。

 

縦の動きと横の動きを調和させることも大切

ハードルにおける「縦の動き」「横の動き」を理解したら、それぞれの長所を伸ばしていく必要があります。

 

縦の動きが足りないと感じたら、バウンディングなどのトレーニングで真上に跳ぶ力を強化します。

 

横の動きが足りないと感じたら、地面をしっかりと蹴って走力を上げるためのトレーニングを追加します。

 

そうして「縦の動き」「横の動き」両方の熟練度を高めたら、縦の動きと横の動きを調和させるためのトレーニングも必要です。

 

いくら高く跳べたからといって真上にしか跳べないならハードルを越えることはできませんし、いくら長い距離を跳べたからといって前方にしか飛べないならハードルを倒してしまいます。

 

走り高跳びや走り幅跳びの選手ならそれで良いのですが、あくまで「ハードル」という特殊な競技のなかで実力を発揮したいなら、縦の力と横の力を上手く掛け合わせなければならないのです。

 

縦の動きと横の動きを理解している指導者から学ぶ

しかし問題は、縦の動き・横の動きをしっかりと理解し、またこの2つの動きを調和させて「跳ぶ」という動作を作る方法を知らない指導者も、まだまだ多いということです。

 

特に部活動などでは、未だに全時代的な「練習量」だけで実力を伸ばそうとする、間違った指導法が横行しています。

 

圧倒的な練習量が功を奏すケースが無いとはいいませんが、多くの場合は練習のしすぎで体を壊すなど、かえって選手生命を縮めることに繋がりかねません。

 

ハードル競技で長く現役を続けたいなら、まずは練習方法を見直す必要があるといえるでしょう。

 

縦の動き・横の動きをしっかりと理解している、良い指導者に出会えれば一番ですが、そうでなければハードル競技のスペシャリストが解説している映像を見て勉強するのも有効です。

 

 

3大会連続オリンピック出場者・山崎一彦さんが考案した練習法

まだまだ認知度の低い「縦の動き」「横の動き」に分けた練習法。

 

ここで初めて聞いたという方のなかには、「ちょっと胡散臭い…」と不安に思う方もいるかもしれません。

 

しかしこの練習法、実は3大会連続オリンピック出場の実績を持つ、山崎一彦さんが考案した由緒ある方法なんです。

 

ハードル競技に携わったことのある方なら誰でもその名前を知っていることでしょう。

 

山崎一彦さんは、1992年のバルセロナオリンピックから2000年のシドニーオリンピックまで、3大会連続でハードル競技の日本代表に選ばれ、1995年の世界選手権では日本人初のファイナリストに残るという偉大な実績を持つ選手です。

 

現在は順天堂大学スポーツ健康科学部で准教授を務める傍ら、2020東京オリンピック特別対策プロジェクトのディレクター・日本陸上競技連盟強化委員として今なおハードル競技の新人育成に取り組んでいらっしゃいます。

 

山崎一彦さんは紛れもなく、日本のハードル競技界におけるレジェンド的存在です。

 

そんな山崎一彦さんが自身の現役時代の経験と、引退後に若い選手の育成に携わった経験から生み出したのが、先述の「縦の動き」「横の動き」の練習法です。

 

常に国内トップレベルで走ってきた山崎一彦さんだからこそ生み出せたのが、ハードル競技界に革命をもたらした「縦と横」の練習法だったのです。

 

縦の動き・横の動きを理解するためにはDVD「ハードル上達革命」を見よう

  • 「縦の動き」
  • 「横の動き」
  • その2つを調和させる動き

ハードル選手として大成したいなら、ぜひとも覚えておきたい3つのポイントですが、これらは一朝一夕で身に着くものではありません。

 

考案者である山崎一彦さんに直接教えを請えるならまだしも、自己流で「縦の動き」「横の動き」を完璧にするのは至難の業だといえるでしょう。

 

それでもあきらめたくないという方には、

  • 「ハードル上達革命」

というDVDプログラムをオススメします。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

 

実はこのDVDは山崎一彦さんが直々に監修したもので、「縦の動き」「横の動き」を解説する貴重な映像が収録されているんです。

 

自己流でマスターするのは難しい「縦の動き」「横の動き」ですが、このDVDは山崎一彦さんが実際に動きながら解説してくれるので、かなり感覚的に理解できるつくりになっています。

 

始めは縦の動きと横の動きに関する理論やイメージから、その練習法、実戦での使い方など、ハードル競技者なら一度は見ておきたい重要な情報が詰まっています。

 

上手く理解することさえできれば、縦の動きと横の動きを実践するのに才能やセンスは関係ありません。

 

体格の小さな選手や、足の短い選手に適した対策法まで網羅されているので、ハードル競技で良い記録が出せずに、悩んでいる多くの選手の役に立つはずです。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

 

ハードル競技の悩みが解決できる

ハードル上達革命に収録されているプログラムを一部抜粋すると、

  • インターバルを3歩でいけない短足選手はどうすべき?
  • ハードルを跳ぶリズムが不安定な選手が怠っている基礎とは?
  • 400mハードルでのカーブの踏切を向上させる練習は?
  • 無意味なトレーニングの例とその理由は?
  • インターバルが詰まってしまう選手への対策は?
  • 短期間で成果を生む400mハードル特有の練習法とは?

といった情報も収録されています。

 

先述の「縦の動き」「横の動き」に関する情報の充実はもちろんですが、それ以外のポイントについても詳しく解説されているのがこのDVDの魅力です。

 

常にハードル競技界のトップを走り続けてきた、山崎一彦さんの指導を受ける機会はなかなか得られませんが、このDVDを見れば、そのノウハウが吸収できるというのはうれしいですね。

 

しっかりと練習しているのに、なかなか記録が伸びないという選手は、ぜひハードル上達革命を見て、練習方法の組み直しを行ってみてください。

 

ハードル上達革命の詳しい内容はこちら

走り幅跳び上達法

ハードル走上達のコツ無料メールマガジン

ハードル用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

ハードルで自己ベストを更新する練習法はこちら

ハードル走の基礎やトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

ハードル走でリズミカルに走るには?
ハードルのコツや練習方法・上ハードル走で自己ベストを更新する練習法があります。元400mハードル日本代表で幾多のトップ選手をも育ててきた一流指導者が「個人指導で限定的に教えているハードルで自己ベストを更新する練習方法」について収録したDVDプログラムです。ハードルの跳ぶリズムが不安定であったり、ハードルを倒してしまうという恐怖感、そして逆脚でのハードリンクが苦手であったり等、そういった問題に関してな解決策や、効果的な練習方法などについて学習していくことができます。 達法の紹介です。
ハードル走のコツや練習方法、フォーム、トレーニング方法
振り上げ脚の膝を曲げないように出来るだけまっすぐ振り上げます。抜き脚は、自分の腰の高さまで足をあげ、ひざと足首を直角に曲げます。これらが記録を伸ばすための基本フォームとなります。ハードルから遠いところで踏み切るのも重要です。1台目までを8歩、ハードル間を3歩で走るのがコツです。瞬発力をつける筋トレの仕方が重要になってきます。
ハードルの記録が伸びる練習方法と気構えとは?
授業や部活などで比較的ポピュラーに行われているのがハードル競技です。記録を伸ばすには、練習の方法やトレーニングの内容を考えておく必要があります。そこでハードルの記録が具体的に伸びる練習方法と、ハードルを行う上での気構えについてご紹介をしていきたいと思います。
ハードル競技のタイムアップに役立つ3つのコツや練習方法
ハードル競技は、リズム感や器用さなど陸上以外の感覚を養うことも大切です。ハードル競技の記録を伸ばすために覚えておきたい3つのコツがあります。ハードルとハードルの間を3歩で走りぬく走力をつける、リズム感をつける、恐怖感を無くすなどです。どうやってコツを習得すればいいの?などを紹介いたします。
ハードルのリズム感を養うために横で走ってシミュレーションを繰り返そう!
ハードル競技を克服するためには、恐怖心や劣等感を除外する事が重要です。心理的な要因苦手意識から、失速する、上手く走るスピードと連携できずに立ち止まる事になります。ハードル競技のコツはリズム感です。リズム感が養われていれば、競技開始から終了まで、ほぼ同じ走りができます。ハードルを実際にまたぐのではなく、その横で走る、つまりはシミュレーションをすることも段階としてよいでしょう。
ハードル走の魅力や楽しさとは?
陸上競技で短距離の次にスピード感のある競技といえばハードルそうでしょう。そのハードル走の魅力や楽しさを紹介いたします。「達成感を味わうことができるハードル走」「心技一体、ハードル走はやってみたら夢中になれる」「走り飛び越える達成感」「心技一体、ハードル走はやってみたら夢中になれる」「障害物があるからこそ面白いハードル」「ハードル走は怖さではなく、楽しさ」
ハードル走でのハードルを跨ぐ為の効果的なトレーニング方法とは?
ハードル走で最も重要なポイントは、ハードルを跳び超えるのでは無く、跨ぐところにあります。 「跳びこえる」と「跨ぐ」の違いは、ざっくり言うと、ジャンプした時に上方向に跳ぶのと前方向に跳ぶ事の違いです。 ハードルへの恐怖心から上方向へと高く跳んでしまい、大きなタイムロスに繋がってしまう選手が大変多くみかけられます。 ハードルを跨ぐ為にはとにかく練習するしかありません。 しかし、間違った練習方法を繰り返していても、いつまで経ってもハードルを跨ぐ事は出来ません。 ここでは、ハードルを跨ぐ為のトレーニング方法を紹介していきます。
ハードルに対する恐怖心を無くす2つの方法
ハードル走初心者は、ハードルに対して恐怖心を感じてしまうことがあります。ある程度の跳躍力があれば決して飛び越えられない高さではないはずなのですが、「ぶつかって怪我をしそう」なんて考えてしまい跳ぶことを躊躇してしまうのです。もしも「ハードルが怖い」と感じてしまったら、いくら身体能力が高くともハードル走は務まりません。まずはしっかりと恐怖心と向き合い、ハードルに対する恐怖心を無くす努力をするのが賢明でしょう。今回は、そんなハードル恐怖症を抱えてしまった方のための「ハードルに対する恐怖心を無くす方法」を2つご紹介します。
ハードル走のルールとは?
ハードル走には4種目あり、それぞれハードルの高さやインターバルなどが違います。またルールを知らないと失格になることもありますので、しっかりと理解しておくことが必要です。