円盤投のファールから見る基礎的な技術のチェック方法

基礎技術と記録との関係

円盤投のファールから見る基礎的な技術のチェック方法

川崎清貴選手が、約30年間持っていた円盤投日本記録が、2017年ついに堤雄司選手によって破られました。

 

堤選手は184pと日本人選手としては大柄であり、ベンチプレスなどをはじめとしたウエイトトレーニングの記録も、高い水準であることからわかるように、身体能力や才能に恵まれた選手であると言えます。

 

しかし、好記録を連発している背景には

  • 土台である投擲の基礎技術がしっかりしている

ことが、最も大きな影響を与えていると言えます。

 

もちろん円盤投は、生まれ持った力が大きく影響する競技であることは間違いありませんが、やはり最後に活きてくるのは投擲の基本的な技術です。

 

そこで、今回は投擲における基礎的な技術のチェック方法を紹介していきます。

 

立ち投げとターンの差で分かる技術力不足

円盤投を初めて、ある程度経験を積んだ選手は立ち投げを卒業し、ターンでスローをするようになると思います。

 

しかし、ターンを始めたばかりの選手では、立ち投げとほぼ同じ記録しか出ないということも珍しくないと思います。

 

では、立ち投げとターンでは、競技レベルによってどの程度記録に差が出るのでしょうか?

 

世界トップクラスの選手では10mを超える選手も数多くいます。

 

日本人選手でも、トップクラスの選手になれば10m前後の記録差がでる選手は存在します。

 

ですが、ほとんどの選手は5mから7mの間で収まっていることが多いです。

 

ですので、1つの指標として
立ち投げとターンの差が「5m」以上であれば基本的な技術が身についており、反対に「5m」以下であれば技術力が不足している
と言えるでしょう。

 

では、この差はどうしてついてしまうのでしょうか?

 

原因としては、立ち投げの時にできていた構え方が、ターンした後ではできなくなっていると考えられます。

 

また、

  • 立ち投げとの差が少ない選手はファールを多くする

という特徴もあります。

 

それでは、次の項目では、ファールの原因と、ファールと技術力の関係について説明していきます。

 

 

ファールは技術不足が原因?

みなさん試合でファールを繰り返してしまったという経験がないでしょうか?

 

実は

  • ファールを繰り返す原因には、技術が不安定であることが原因

にあります。

 

実際に全国大会でも、
記録が高い選手と低い選手のグループを分けたところ、高い選手の方がファールの数が少なかった
そうです。

 

このことから

  • ファールが減る=投擲技術が高くなった

ということが言えます。

 

以上のことから、

  • ファールの数は基本的な技術が身についているかどうかの有効なチェック方法

になります。

 

右抜けファールの2つの大きな原因

では、どうしてファールは起こってしまうのでしょうか?

 

円盤投において、一番多いファールのケースである円盤が、右に抜けること(右抜け)を例に原因を見ていきましょう。

 

右抜けの原因には大きく分けて2つのパターンがあります。

 

リリースのタイミングが早い

1つ目は、
投げ急いでしまいリリースのタイミングが早くなり、体が開いてしまうことで円盤が右にそれてしまうパターン
です。

 

こちらの改善方法としては、無理に円盤を投げようとせず、投げる前にタメを作ることです。

 

右にそれるからと言って、腕で投擲の方向を変えようとしたりすると、結果的に下半身と上半身のタイミングがずれるため、失敗投擲に繋がります。

 

ですので、リリースする際はできるだけ「待つ」ということを意識して、体全体で投げることを意識してみてください。

 

リリース時の足の位置が適正でない

2つ目は、リリース時の足の向きが適正ではないパターンです。

 

少しわかりにくい表現かもしれませんが、リリース時に理想とされる足の向きは、投げる方向に対して直角になっている状態です。

 

つまり、サークルを真上から見たときに、時計の針でいう12時の方向に足先が向いていることが理想とされます。

 

一方、
右に抜ける時に多いパターンは、時計の針が1時や2時の方向に向いているとき
です。

 

この状態でまっすぐ投げようとすると、リリース時に体を必要以上にひねる必要が出てきます。

 

結果的に、通常の感覚で投げてしまうとひねりが足りずに、右方向に円盤が飛んで行ってしまいます。

 

仮に、まっすぐ飛んで行った場合にも、重心がすでに左足に乗ってしまっている状態での投擲になるので、記録を伸ばすことができません。

 

試しに立った状態で体をひねってもらうと分かりやすいと思いますが、体をひねると右足から左足に重心が移動してしまいます。

 

重心移動のタイミングが、リリースのタイミングと一致していると、上手く円盤に力を伝えられますので、より遠くに円盤を飛ばすことができます。

 

ですが、このように必要以上にひねりが加わるとこのタイミングがずれてしまい、失敗投擲に繋がります。

 

以上のようにファールの原因には次の2つのパターンにおちいっている可能性が高いです。

 

  • ?リリースのタイミングが早く、タメが十分に作れていない。
  • ?リリース時の足の位置が適正ではなく、必要以上に体をひねってしまっている。

 

ファールを多くしてしまう方は、以上の点に改善できるように努力してみましょう。

 

円盤投げの技術をしっかりと学ぶならこちらがおすすめ

 

最後に

  • 立ち投げとの記録差とファールの多さ

皆さんはチェックを行ってみて、当てはまることがあったでしょうか?

 

円盤投は、中々技術を向上させることが難しい競技ではありますが、地道に練習を行っていれば必ず技術は向上していきます。

 

さいごに、みなさんに1つ気を付けていただきたいことがあります。

 

それは、ターンで上手く投擲ができないからと言って、むやみやたらにターンでの練習を繰り返すことです。

 

一見、ターンでの投擲を上手くするには、ターンを多くこなす必要があると思われがちですが、技術が未熟な状態でターンの練習を続ければ、悪いフォームが身についてしまいます。

 

そうすれば、一度立ち投げで身についた、基本的な構えなども崩れてしまいます。

 

ターンが上手くいかない時ほど、まずリリース時の構えや足の位置などを立ち投げで体に染み込ませ、徐々にターンの練習を行うようにして、基礎技術を向上させていってください。

 

円盤投げ上達法

練習用円盤を購入するならこちら

円盤投げ用シューズを購入するならこちら

円盤投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

円盤投の失敗例と改善策を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

円盤投げの3つの投法・それぞれのメリットとデメリットは?
ひとくちに円盤投げの投法といっても、現在は3種類の投げ方が認められています。「スタンディングスロー」「ハーフターン投法」「フルターン投法」です。どの投げ方が一番優れているということではなく、3つの投法にはそれぞれ一長一短があります。ほとんどの選手はスタンディングスローを覚え、ハーフターン投法を経て、フルターン投法に移行するという形を取ります。スタンディングスロー・ハーフターン投法・フルターン投法と進むにつれ、難易度と飛距離が徐々に上がっていくと考えてください。今回は、円盤投げの投法それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しておきます。
円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習
円盤投げの練習は野外でしかできないと思っていませんか?投げるだけが円盤投げの練習ではありません。雨の日や練習が休みの日でも行える「自宅向けの練習方法」がちゃんとあるんです。特に円盤投げを始めて間もない初心者にとって、自宅での練習は大きな成長に繋がります。自宅で行えることは投てき練習に比べれば地味なものばかりですが、基礎を固めるためには非常に有効です。今回は、自宅で行える円盤投げのトレーニングのなかでも、特にオススメしたい3つのトレーニング方法について解説します。
初心者が投げた円盤がフラフラしてしまうのはなぜ?
まだスタンディングスローを覚えたばかりの初心者が投げた円盤を見ると、なぜか上下にフラフラと揺れていることがあります。フラフラ揺れている状態では風の抵抗をしっかり受けてしまうので、当然のことながら飛距離も伸びません。円盤がフラフラと揺れてしまう原因は「円盤が回転していない」ために起こります。競技用の円盤は普通に投げても飛ばないほどの重みがありますが、丸く薄い形をした円盤に回転をかけることで飛行が可能になります。
円盤投げで記録を伸ばす為には!3種類の投げ方について
円盤投げで記録を伸ばす為に必要な事とは、 ・円盤に大きな力を伝達する事! この1点にかぎります。砲丸投げややり投げと明らかに違うところは、遠心力を円盤に伝達する点にあります。 遠心力・瞬発力・身体全体の筋力といった複数の力を円盤に掛けなければ記録はのびません。円盤投げでの動作は日常生活や他の陸上競技には無い動作を行います。基本となる動作をしっかりと理解した上でトレーニングする事が必要となのです。投げ方にはスタンディングスロー、ハーフターン、フルターンがあります。
円盤投げに適した体型?「腕が長い選手」が有利なワケ
円盤投げの円盤投げは才能よりもテクニックが重要なスポーツです。あえて才能の話をするならば、円盤投げでは「体型・体格」が優劣を左右することがあります。仮に全く同程度のテクニックを持つ選手がいたとすれば「腕が長い方」が勝つ可能性が高いといえるのです。腕が長い選手が有利になる理由は、そのほうが「遠心力」がかかりやすいからです。遠心力は回転の中心から遠いほど強くなるため、回転軸(選手)よりも指先までの距離が遠いほど高いエネルギーを得ることができます。円盤投げのテクニックというよりも、腕が長いほうが物理的に有利という話ですね。記録を伸ばすポイントの紹介です。
雨の日にはメディシンボールを使って円盤投げの練習をしよう
メディシンボールとは、様々なスポーツの練習に用いられるトレーニング器具です。見た目はバスケットボールによく似ていますが、内部に1s〜10sの重りが入っているので見た目の何倍も重いのが特徴です。体幹を鍛えることができるため、メディシンボールは円盤投げの練習にも最適です。雨が降って競技場が濡れたとき、円盤投げ選手には「無理やり外で練習する」「あきらめて休む」「メディシンボール等を使って室内練習」の選択肢があります。上級者に近づくためにはどの選択肢を選べばいいのか…言うまでもありませんよね?