円盤投げの3つの投法・それぞれのメリットとデメリットは?

円盤投げには3つの投法がある

円盤投げの3つの投法・それぞれのメリットとデメリットは?

ひとくちに円盤投げの投法といっても、現在は3種類の投げ方が認められています。

 

  1. 「スタンディングスロー」
  2. 「ハーフターン投法」
  3. 「フルターン投法」

です。

 

どの投げ方が一番優れているということではなく、3つの投法にはそれぞれ一長一短があります。

 

ほとんどの選手はスタンディングスローを覚え、ハーフターン投法を経て、フルターン投法に移行するという形を取ります。

 

スタンディングスロー・ハーフターン投法・フルターン投法と進むにつれ、難易度と飛距離が徐々に上がっていくと考えてください。

 

今回は、円盤投げの投法それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しておきます。

 

それぞれの違いが、イマイチ理解できていないという初心者の皆さんは、この機会に円盤投げの投法の違いを確認しておいてください。

 

スタンディングスロー

最も初歩的な投げ方といえるのが

  • 「スタンディングスロー」

です。

 

日本語では「立ち投げ」と言い、その名の通り足を移動させずに、その場から投てきを行います。

 

円盤投げを始めたばかりの初心者は、ほとんどがスタンディングスローから習い始めるはずです。

 

メリット

  • スタンディングスローの利点は、「初心者が覚えるべき基本が詰まっている」

ということです。

 

円盤の持ち方や体の回転方法、下半身の力を上手く上半身に伝える方法など、円盤投げを行う上で重要な基本がギュッと詰まっています。

 

非常にシンプルに見えますが、スタンディングスローは円盤投げで上達したいなら、非常に重要な投法なのです。

 

デメリット

デメリットとしては、

  • 「飛距離が出にくい」

というものがあります。

 

実際、世界で活躍する選手のなかに、スタンディングスローをメインとしている選手はいません。

 

大会でスタンディングスローが通用するのは、せいぜい中学生くらいまでで、高校生以上の大会で、スタンディングスローが用いられることは稀です。

 

スタンディングスローにターンを加えるだけで、円盤投げ歴の浅い選手でも10m以上の記録更新が望めますので、ずっとスタンディングスローだけで戦うことは不可能と言ってよいでしょう。

 

ハーフターン投法

ハーフターン投法とは、スタンディングスローに半回転のターンを加えて行う投法です。

 

円盤の持ち方やリリースのタイミングなど、円盤投げの基礎がしっかりできていないと、ハーフターン投法はマスターできません。

 

初心者はいきなりハーフターン投法の練習をするのではなく、スタンディングスローがしっかりとできてか、らハーフターン投法に移行することをオススメします。

 

メリット

ハーフターン投法のメリットは、

  • 「スタンディングスローよりも飛距離が出やすい」

ということです。

 

全身を使ってターンすることによる遠心力のおかげで、スタンディングスローより10m以上飛距離が伸びることも珍しくありません。

 

また、

  • 「フルターン投法に比べると簡単」

というメリットもあります。

 

回転数が少ないので、ターンに不慣れな初心者でも、コツを掴めばマスターできるでしょう。

 

ハーフターン投法の練習を続けることは、おのずとフルターン投法の基礎練習にもなるので一石二鳥です。

 

まるでスタンディングスローと、フルターン投法のいいとこどりをした投法です。

 

デメリット

ただ、どうしても

  • 「フルターン投法よりは飛距離が出にくい」

ので、さらなる記録向上を目指すなら、いずれはフルターン投法に変える必要があります。

 

大会で大記録を狙うための投法というよりも、ハーフターン投法はあくまで「フルターン投法の練習」と考えるのが良いかもしれません。

 

 

フルターン投法

フルターン投法は、円盤投げにおける3つの投法の中で、最も難易度の高いものです。

 

大会で良い記録を出したいなら、いつかはフルターン投法をマスターしておく必要があるといえるでしょう。

 

世界陸上やオリンピックといった、第一線で活躍する選手のほとんども、フルターン投法によって大記録を打ち立てています。

 

つまり、現在はフルターン投法が最も主流となっている投げ方です。

 

メリット

フルターン投法は、ハーフターンよりも、180度回転を増やして投げる方法です。

 

多く回った分、円盤の移動距離が長くなりますので、それだけ強力な遠心力を利用することができます。

 

この遠心力を、投てきのエネルギーに変換することで、

  • 他の投法では追いつけないほど圧倒的な飛距離を記録

することができます。

 

つまり、フルターン投法はのメリットは

  • 「最も長い飛距離を出せる」

ということに尽きるでしょう。

 

デメリット

デメリットというほどのデメリットもありませんが、強いて言うなら

  • 「修得が難しい」

ことでしょうか。

 

初心者はスタンディングスローから始め、ハーフターン投法を経てフルターン投法に至るため、まず初心者ができる動きではありません。

 

修得までには個人差がありますが、フルターン投法を完璧にこなせるようになるまでには、1年〜2年を想定しておいてもよいでしょう。

 

 

円盤投げを科学的に分析した動画

 

 

円盤投げ上達法

練習用円盤を購入するならこちら

円盤投げ用シューズを購入するならこちら

円盤投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

円盤投の失敗例と改善策を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習
円盤投げの練習は野外でしかできないと思っていませんか?投げるだけが円盤投げの練習ではありません。雨の日や練習が休みの日でも行える「自宅向けの練習方法」がちゃんとあるんです。特に円盤投げを始めて間もない初心者にとって、自宅での練習は大きな成長に繋がります。自宅で行えることは投てき練習に比べれば地味なものばかりですが、基礎を固めるためには非常に有効です。今回は、自宅で行える円盤投げのトレーニングのなかでも、特にオススメしたい3つのトレーニング方法について解説します。
初心者が投げた円盤がフラフラしてしまうのはなぜ?
まだスタンディングスローを覚えたばかりの初心者が投げた円盤を見ると、なぜか上下にフラフラと揺れていることがあります。フラフラ揺れている状態では風の抵抗をしっかり受けてしまうので、当然のことながら飛距離も伸びません。円盤がフラフラと揺れてしまう原因は「円盤が回転していない」ために起こります。競技用の円盤は普通に投げても飛ばないほどの重みがありますが、丸く薄い形をした円盤に回転をかけることで飛行が可能になります。
円盤投のファールから見る基礎的な技術のチェック方法
円盤投は、生まれ持った力が大きく影響する競技であることは間違いありませんが、やはり最後に活きてくるのは投擲の基本的な技術です。ファールを繰り返す原因には、技術が不安定であることが原因にあります。円盤投は、中々技術を向上させることが難しい競技ではありますが、地道に練習を行っていれば必ず技術は向上していきます。そこで、今回は投擲における基礎的な技術のチェック方法を紹介していきます。
円盤投げで記録を伸ばす為には!3種類の投げ方について
円盤投げで記録を伸ばす為に必要な事とは、 ・円盤に大きな力を伝達する事! この1点にかぎります。砲丸投げややり投げと明らかに違うところは、遠心力を円盤に伝達する点にあります。 遠心力・瞬発力・身体全体の筋力といった複数の力を円盤に掛けなければ記録はのびません。円盤投げでの動作は日常生活や他の陸上競技には無い動作を行います。基本となる動作をしっかりと理解した上でトレーニングする事が必要となのです。投げ方にはスタンディングスロー、ハーフターン、フルターンがあります。
円盤投げに適した体型?「腕が長い選手」が有利なワケ
円盤投げの円盤投げは才能よりもテクニックが重要なスポーツです。あえて才能の話をするならば、円盤投げでは「体型・体格」が優劣を左右することがあります。仮に全く同程度のテクニックを持つ選手がいたとすれば「腕が長い方」が勝つ可能性が高いといえるのです。腕が長い選手が有利になる理由は、そのほうが「遠心力」がかかりやすいからです。遠心力は回転の中心から遠いほど強くなるため、回転軸(選手)よりも指先までの距離が遠いほど高いエネルギーを得ることができます。円盤投げのテクニックというよりも、腕が長いほうが物理的に有利という話ですね。記録を伸ばすポイントの紹介です。
雨の日にはメディシンボールを使って円盤投げの練習をしよう
メディシンボールとは、様々なスポーツの練習に用いられるトレーニング器具です。見た目はバスケットボールによく似ていますが、内部に1s〜10sの重りが入っているので見た目の何倍も重いのが特徴です。体幹を鍛えることができるため、メディシンボールは円盤投げの練習にも最適です。雨が降って競技場が濡れたとき、円盤投げ選手には「無理やり外で練習する」「あきらめて休む」「メディシンボール等を使って室内練習」の選択肢があります。上級者に近づくためにはどの選択肢を選べばいいのか…言うまでもありませんよね?