円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習

自宅でも円盤投げの練習を欠かさない!

円盤投げ初心者が自宅でやるべき3つの練習

円盤投げの練習は、野外でしかできないと思っていませんか?

 

もちろん実際の投てきは、広いスペースが無ければ行えませんが、投げるだけが円盤投げの練習ではありません。

 

実は、雨の日や練習が休みの日でも行える

  • 「自宅向けの練習方法」

がちゃんとあるんです。

 

特に円盤投げを始めて間もない初心者にとって、自宅での練習は大きな成長に繋がります。

 

自宅で行えることは投てき練習に比べれば、地味なものばかりですが、基礎を固めるためには非常に有効です。

 

今回は、自宅で行える円盤投げのトレーニングのなかでも、特にオススメしたい3つのトレーニング方法について解説します。

 

早く円盤投げに慣れたいという方や、もっと飛距離を伸ばしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.円盤を握らずに持つ練習

今回ご紹介する3つのトレーニングのなかで、最も初心者向けなのが

  • 「円盤を握らずに持つ」練習

です。

 

円盤投げを続けていれば、出来て当たり前の技術ですが、初心者が最初にぶつかる壁でもあるので、地道に練習していきましょう。

 

そもそも円盤は、手で握って持つものではありません。

 

円盤の縁に指の第一関節だけを軽く引っ掛け、あとは遠心力を利用してキープするものです。

 

  • 指先だけで円盤をキープするという感覚

は実際にやってみないとわかりにくく、初めての人はまず円盤を落としてしまいます。

 

落とさないためには、円盤を軽く右に左にと振ってみるのがよいでしょう。

 

振ると円盤に遠心力がかかり、手にピッタリとついてくるので、指先の力だけでも持てるようになります。

 

これが出来ない人は、円盤をギュッと握ってしまうのですが、その持ち方では正しいフォームで円盤投げを行うことができないのです。

 

手で握らない円盤の持ち方を理解することが、初心者脱出の第一歩だといえます。

 

自宅でできる練習法としては、実際に円盤を持ってみるのが手っ取り早いです。

 

円盤を左右に振ってみたり、第一関節で支えながら転がしてみたりして、円盤を手に馴染ませていきます。

 

自宅で円盤を触る時間が長いほど、他の初心者よりも早く正しい持ち方がマスターできるはずですよ。

 

 

2.フォームの確認

上級者でも行っている自宅トレーニングのひとつが

  • 「フォームの確認」

です。

 

野外での練習でもフォームについては、指導を受けているかと思いますが、フォームの確認に関しては自宅で行うからこそのメリットもあります。

 

自宅でフォームの確認を行うときは、姿見などを用意するのがオススメです。

 

普段の練習では、自分のフォームを確認することは難しいものですが、自宅の姿見の前で行えば、思わぬ収穫があるものです。

 

鏡を見ながら練習を行うと、

  • 「頭の中で思い描いていたフォームとズレがある」
  • 「上級者のやり方と違う」

などの発見ができるはずです。

 

動画で上手い人のフォームと見比べながら、理想のフォームになるまで繰り返し練習を行いましょう。

 

上級者のフォームと見比べながら練習するときは、

  • 「自分と上級者のどこが違うか」を細かく分析する

のが効率的です。

 

例えば

  • 「足の開き方は同じか」
  • 「体のねじり方は適切か」
  • 「自分の足運びと何が違うか」

と、ひとつひとつの要素を見比べていきましょう。

 

全体を漠然と見るのではなく、間違い探しをするように「どこが違うか」を解明することが上達の近道となります。

 

3.円盤投げに必要な筋肉のトレーニング

他の陸上競技と同様、円盤投げにも筋力は欠かせません。

 

円盤投げは足腰を使って発生させた遠心力を、腕に伝えて投てきを行う競技です。

 

そのため、一瞬で全身の様々な部分の筋肉を稼働させるスポーツでもあるのです。

 

筋力が弱いと、いくら技術があっても、爆発的なエネルギーを生み出すことができなくなってしまいます。

 

ボディビルダーのようにガチガチに鍛える必要はありませんが、常に120%の力が出せるように、全身をバランスよく鍛えておくと良いでしょう。

 

自宅で筋トレを行う場合は、

  • 体幹を鍛えるトレーニング法

を選ぶのがオススメです。

 

体幹の使い方は円盤投げの結果にも繋がりやすいですし、そこまで複雑なトレーニングメニューではないので自宅でも簡単に行えます。

 

体幹トレーニングにも色々と種類がありますが、初心者であれば

  • 「ブリッジバランス」

あたりから始めるとよいでしょう。

 

ブリッジバランスは、床にうつ伏せになった状態で肘を立て、つま先と前腕だけで全身の体重を支えるトレーニングです。

 

これに慣れてきたら、他の体幹トレーニングメニューも徐々に取り入れていくと良いでしょう。

 

 

ブリッジバランスの動画

 

 

円盤投げ上達法

練習用円盤を購入するならこちら

円盤投げ用シューズを購入するならこちら

円盤投げで自己ベストを更新する練習方法はこちら

円盤投の失敗例と改善策を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

円盤投げの3つの投法・それぞれのメリットとデメリットは?
ひとくちに円盤投げの投法といっても、現在は3種類の投げ方が認められています。「スタンディングスロー」「ハーフターン投法」「フルターン投法」です。どの投げ方が一番優れているということではなく、3つの投法にはそれぞれ一長一短があります。ほとんどの選手はスタンディングスローを覚え、ハーフターン投法を経て、フルターン投法に移行するという形を取ります。スタンディングスロー・ハーフターン投法・フルターン投法と進むにつれ、難易度と飛距離が徐々に上がっていくと考えてください。今回は、円盤投げの投法それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しておきます。
初心者が投げた円盤がフラフラしてしまうのはなぜ?
まだスタンディングスローを覚えたばかりの初心者が投げた円盤を見ると、なぜか上下にフラフラと揺れていることがあります。フラフラ揺れている状態では風の抵抗をしっかり受けてしまうので、当然のことながら飛距離も伸びません。円盤がフラフラと揺れてしまう原因は「円盤が回転していない」ために起こります。競技用の円盤は普通に投げても飛ばないほどの重みがありますが、丸く薄い形をした円盤に回転をかけることで飛行が可能になります。
円盤投のファールから見る基礎的な技術のチェック方法
円盤投は、生まれ持った力が大きく影響する競技であることは間違いありませんが、やはり最後に活きてくるのは投擲の基本的な技術です。ファールを繰り返す原因には、技術が不安定であることが原因にあります。円盤投は、中々技術を向上させることが難しい競技ではありますが、地道に練習を行っていれば必ず技術は向上していきます。そこで、今回は投擲における基礎的な技術のチェック方法を紹介していきます。
円盤投げで記録を伸ばす為には!3種類の投げ方について
円盤投げで記録を伸ばす為に必要な事とは、 ・円盤に大きな力を伝達する事! この1点にかぎります。砲丸投げややり投げと明らかに違うところは、遠心力を円盤に伝達する点にあります。 遠心力・瞬発力・身体全体の筋力といった複数の力を円盤に掛けなければ記録はのびません。円盤投げでの動作は日常生活や他の陸上競技には無い動作を行います。基本となる動作をしっかりと理解した上でトレーニングする事が必要となのです。投げ方にはスタンディングスロー、ハーフターン、フルターンがあります。
円盤投げに適した体型?「腕が長い選手」が有利なワケ
円盤投げの円盤投げは才能よりもテクニックが重要なスポーツです。あえて才能の話をするならば、円盤投げでは「体型・体格」が優劣を左右することがあります。仮に全く同程度のテクニックを持つ選手がいたとすれば「腕が長い方」が勝つ可能性が高いといえるのです。腕が長い選手が有利になる理由は、そのほうが「遠心力」がかかりやすいからです。遠心力は回転の中心から遠いほど強くなるため、回転軸(選手)よりも指先までの距離が遠いほど高いエネルギーを得ることができます。円盤投げのテクニックというよりも、腕が長いほうが物理的に有利という話ですね。記録を伸ばすポイントの紹介です。
雨の日にはメディシンボールを使って円盤投げの練習をしよう
メディシンボールとは、様々なスポーツの練習に用いられるトレーニング器具です。見た目はバスケットボールによく似ていますが、内部に1s〜10sの重りが入っているので見た目の何倍も重いのが特徴です。体幹を鍛えることができるため、メディシンボールは円盤投げの練習にも最適です。雨が降って競技場が濡れたとき、円盤投げ選手には「無理やり外で練習する」「あきらめて休む」「メディシンボール等を使って室内練習」の選択肢があります。上級者に近づくためにはどの選択肢を選べばいいのか…言うまでもありませんよね?