やり投げの記録飛距離を伸ばすために心がけることとは?

やり投げで距離を伸ばしたいなら、「●●」を心がけよう

やり投げの記録飛距離を伸ばすために心がけることとは?

各種陸上競技の大会やオリンピック、そしてジュニアオリンピックの種目にもなっており、世界的に競技人口が非常に多いスポーツが、今回ご紹介する
  • 「やり投げ」

です。

 

こちらのやり投げは陸上競技の中の

  • 「投擲競技」

に分類されるスポーツです。

 

陸上部に所属している中学生や高校生などは、やり投げの種目に参加していない人でも、トレーニングの一環としてやり投げに近い形態を持つ

  • 「ジャベリックスロー」

などで親しむことが多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなやり投げというスポーツについて、記録、つまり

  • 飛距離を伸ばしたいのであれば心がけたい

というポイントについて紹介をしていきます。

 

助走の力を槍に与えよう

実はやり投げも、本質的に考えると、他の投擲競技や陸上の高跳びなどと同様に

  • 「助走の力を他の動作に与えることで飛距離を伸ばす」

というメカニズムを持っている競技だということがわかります。

 

これは

  • 円盤投げ
  • 砲丸投げ

など、または自分自身の身体を投げ出す形になる、

  • 走り幅跳び

とも共通する考え方だということができます。

 

回転の力をやりに与える

また、やり投げについては助走の力にプラスして

  • 「回転の力」

もやりに与えてやることが必要です。

 

この回転の力というのは二つあり、一つは

  • 助走を走り終え、やりを投げる瞬間に体がストップすることで得られる「思わず前のめりになる」力

です。

 

イメージとしては全力でダッシュをしていて、急にストップをした時に体が前のめりになる、あの力をすべてやりに与えてやるというイメージです。

 

そしてもう一つは

  • 投擲をする肩を中心とした回転の力

です。

 

この二つの回転の力をやりに与えてやることで、やりはスピーディーに、そして、勢いを持って飛んでいくことになります。

 

そして、特に最初の思わず前のめりになる力を利用する部分については、

  • 助走でどれだけの勢いを持てるか

が勝負のカギとなってくるのは言うまでもありません。

 

このあたりについては、小学校から中学校くらいから、陸上競技に慣れ親しんでいる人であれば、少年団や部活などでジャベリックスローという.やり投げにも似た投擲競技の練習をしている人もいるでしょうから、経験のある人については比較的取っつきやすい概念かもしれません。

 

 

動作は何度もチェックを

あとは、いかに

  • 助走から投擲までの動作をスムーズに、そして連続して効率的に行うことができるか

という部分にすべてがかかってきます。

 

実際にやりを投げる練習のほかに、動作の細かいチェックを行うという練習方法も、非常におすすめできるものとなっています。

 

特に

  • やりを投げる瞬間
  • やりを手から離す瞬間の速度や角度、空気抵抗

などもすべて飛距離に影響してきます。

 

できる限り最高の条件でやりを投げるためには、これらの細かい動作のチェックを、何度も何度もチェックするという練習が必要となるのではないでしょうか。

 

総合的な話をすると、やり投げの競技で結果を出したいのであれば

  • 「動作の正確性」

を心がけるようにすると、比較的迷走することなく自分だけのスタイルで、かつ良い結果を出すことのできる投擲スタイルが身につくことでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はジュニアオリンピックやオリンピック種目にも採用されており、陸上競技などでも非常にポピュラーな存在となっている「やり投げ」という競技について、記録を伸ばすにはどのような部分について心がけると良いのか、というテーマをお送りをしてきました。

 

やはりこちらの競技に関しても、

  • 助走のエネルギーをどれだけ投擲物に込めることができるか

という部分が結果に影響してきます。

 

助走から投擲までの動作の流れを、何度も何度もチェックするという練習が有効ですね。

 

やり投げ上達法

やり投げ専用のスパイクを購入するならこちらがおすすめ

やり投げで自己ベストを更新する練習法はこちら

やり投げ選手専用のサーキットトレーニングを学ぶにはこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

やり投げの上達に自己流トレーニングは取り入れるべき?
普通の練習だけでは上達できない」という悩みを抱えている方ほど、自己流のトレーニングを取り入れる傾向があるようです。自己流トレーニングにはメリット・デメリットがあります。それを理解した上で正しいトレーニング方法を学ぶべきです。正しいトレーニング方法を学ぶならDVD「やり投げ上達革命」がおすすめです。ぜひご覧ください。
やり投げの上達におすすめのDVD
やり投げの上達には練習というのは必要不可欠なものですが、練習やトレーニングについて、とのような方法を取り入れ、どのような部分を習得していくかというところも重要なポイントです。トップアスリートや監督と呼ばれる人たちの指導を受けたいのですが現実的には難しいものです。そこでおすすめなのがやり投げ上達革命というDVDです。中学生や高校生でもやりやすいトレーニングや一般では教えてもらえない上達方法もこちらのDVDには収録されています。
やり投げの飛距離を伸ばすおすすめのトレーニング方法やアイテム
やり投げは一見地味に見えますが、フォームを少し変えるだけで飛距離がぐんと変わってくる、陸上競技の中でも難しく面白い競技です。助走からいったん下半身でふんばり、上半身へとエネルギーを伝えるための体幹強化がかなり重要です。チューブを使ったイメージトレーニングも有効な練習法でしょう。やり投げにはやり投げ専用のスパイクがありますので使いましょう。
やり投げで投げる際のブレを無くして飛距離を伸ばそう!
記録を伸ばすためにステップの練習は重要になります。助走でのコツは、自分の持つリズムを保ちながら、無理な加速を行うのではなく、少しずつトップスピードに持っていくことです。槍を支える腕の筋肉や安定させる下半身の筋肉も必要ですが、大事なのが体幹トレーニングになります。体幹を鍛えることで投げる際の体のブレを少なくし飛距離は伸びていきます。
やり投げに必要な筋肉とトレーニング方法
やり投げには様々な筋肉が関わっています。ある意味全身の筋肉が必要といっていいでしょう。大腿部、下腿部、腹筋、背筋、肩、腕、どれも助走や投げる動作に重要な筋肉です。それら効果的に鍛えるトレーニング方法を紹介いたします。
ジャベボールを使ったやり投げ練習について
ジャベボールとは、陸上競技用品専門メーカーのニシ・スポーツ社が販売している特殊な投擲物です。「ジャベリックスロー」という競技に使われる投擲物で、ジャベリック(Javelic)は「やりのようなもの」という意味になります。最近、ジャベボールがやり投げの練習に適しているとして話題に上ることも多くなってきました。やりに比べると扱いやすく飛距離も出やすいため、初心者の入門用にも適しています。投げる角度がおかしいと音がならないため、やり投げにおける投射角のチェックに非常に役立つのです。
やり投げのルールとは?
やり投げは、陸上競技における投てき競技の一種です。 その名の通り、競技用の「やり」をいかに遠くに投げることができるかで競います。 古代オリンピックの時代から現代に至るまで続いてきた、世界で最も歴史ある陸上競技のひとつです。 公式競技に使用できるやりは、長さ・重さが細かく規定されています。 男子は長さ260〜270p・重さ800g以上、女子は長さ220〜230p・重さ600g以上です。