やり投げに必要な腹斜筋を高負荷でトレーニングする方法とは?

やり投げに必要な腹斜筋を高負荷でトレーニングする方法とは?

やり投げに必要な腹斜筋を高負荷でトレーニングする方法とは?

やり投げで記録を伸ばしていくには、技術の向上が必要です。

それと同時に必要なのが、筋力アップです。
やり投げでは、様々な筋肉の強さが必要になります。

 

その中の一つに腹斜筋があります。
やり投げの、体を捻りながら前に倒す動作に大きく関わる筋肉です。
腹斜筋おw鍛えるには、いろいろなトレーニング方法がありますが、今回はかなり負荷の高いトレーニング方法を紹介いたします。

 

そのトレーニングは

  • ハンギングワイパー

です。

 

スポーツでは一般的な筋トレではなく、負荷の高い筋トレで筋力を上げていく必要がありますので、おすすめのトレーニングです。

 

ハンギングワイパーのやり方

 

ハンギングワイパーは、チンニングバーや鉄棒、雲梯などがあればできる自重トレーニングです。

 

ハンギングワイパーの動画

 

 

ハンギングワイパーのやり方

 

  1. チンニングバーにぶら下がります。雲梯などの手のひらが向かい合うような形で握れるバーの方がやりやすいです。
  2. 脚を上に上げて床と垂直状態にしておきます。
  3. 体は床と平行になるようにします。このときにお尻が下がって床と平行になっていないと、腹斜筋への負荷がへります。できるだけ平行になるようにしてください。
  4. その体勢を維持したまま、脚を車のワイパーのように左右に倒していきます。脚は床と平行になるくらいまで下げるようにします。
  5. これを繰り返していきます。

 

ハンギングワイパーは腹斜筋への負荷が高い

 

ハンギングワイパーはやってみるとわかりますが、かなり負荷の高いトレーニングです。
やりすぎると、体調が悪くなるくらい腹斜筋への刺激の強いトレーニングです。
筋力の弱い人や、初めてトレーニングする場合は、少ない回数や少ないセット数でトレーニングされることをおすすめします。

 

投擲種目は腹斜筋が使われる

 

やり投げや野球のピッチャーのような、体を捻りながら体を前に倒していくような種目は、腹斜筋が使われます。
このような種目の一流選手は

 

投げる手と反対側の腹斜筋が発達している

 

ことが知られています。
それだけ、その腹斜筋が使われるということです。
しっかりとトレーニングして、やり投げの記録更新を目指していきましょう。

 

 

やり投げ上達法

やり投げ専用のスパイクを購入するならこちらがおすすめ

やり投げで自己ベストを更新する練習法はこちら

やり投げ選手専用のサーキットトレーニングを学ぶにはこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

やり投げの上達に自己流トレーニングは取り入れるべき?
普通の練習だけでは上達できない」という悩みを抱えている方ほど、自己流のトレーニングを取り入れる傾向があるようです。自己流トレーニングにはメリット・デメリットがあります。それを理解した上で正しいトレーニング方法を学ぶべきです。正しいトレーニング方法を学ぶならDVD「やり投げ上達革命」がおすすめです。ぜひご覧ください。
やり投げの上達におすすめのDVD
やり投げの上達には練習というのは必要不可欠なものですが、練習やトレーニングについて、とのような方法を取り入れ、どのような部分を習得していくかというところも重要なポイントです。トップアスリートや監督と呼ばれる人たちの指導を受けたいのですが現実的には難しいものです。そこでおすすめなのがやり投げ上達革命というDVDです。中学生や高校生でもやりやすいトレーニングや一般では教えてもらえない上達方法もこちらのDVDには収録されています。
やり投げの飛距離を伸ばすおすすめのトレーニング方法やアイテム
やり投げは一見地味に見えますが、フォームを少し変えるだけで飛距離がぐんと変わってくる、陸上競技の中でも難しく面白い競技です。助走からいったん下半身でふんばり、上半身へとエネルギーを伝えるための体幹強化がかなり重要です。チューブを使ったイメージトレーニングも有効な練習法でしょう。やり投げにはやり投げ専用のスパイクがありますので使いましょう。
やり投げで投げる際のブレを無くして飛距離を伸ばそう!
記録を伸ばすためにステップの練習は重要になります。助走でのコツは、自分の持つリズムを保ちながら、無理な加速を行うのではなく、少しずつトップスピードに持っていくことです。槍を支える腕の筋肉や安定させる下半身の筋肉も必要ですが、大事なのが体幹トレーニングになります。体幹を鍛えることで投げる際の体のブレを少なくし飛距離は伸びていきます。
やり投げに必要な筋肉とトレーニング方法
やり投げには様々な筋肉が関わっています。ある意味全身の筋肉が必要といっていいでしょう。大腿部、下腿部、腹筋、背筋、肩、腕、どれも助走や投げる動作に重要な筋肉です。それら効果的に鍛えるトレーニング方法を紹介いたします。
やり投げの記録飛距離を伸ばすために心がけることとは?
やり投げというスポーツについて、記録、つまり飛距離を伸ばしたいのであれば心がけたい、というポイントについて紹介をしていきます。助走のエネルギーをどれだけ投擲物に込めることができるか、という部分が結果に影響してきます。また、助走の力にプラスして回転の力を槍に与えることも上達するためにも重要な部分と言えるでしょう。
ジャベボールを使ったやり投げ練習について
ジャベボールとは、陸上競技用品専門メーカーのニシ・スポーツ社が販売している特殊な投擲物です。「ジャベリックスロー」という競技に使われる投擲物で、ジャベリック(Javelic)は「やりのようなもの」という意味になります。最近、ジャベボールがやり投げの練習に適しているとして話題に上ることも多くなってきました。やりに比べると扱いやすく飛距離も出やすいため、初心者の入門用にも適しています。投げる角度がおかしいと音がならないため、やり投げにおける投射角のチェックに非常に役立つのです。
やり投げの知っておきたいルールとは?
やり投げは、陸上競技における投てき競技の一種です。 その名の通り、競技用の「やり」をいかに遠くに投げることができるかで競います。 古代オリンピックの時代から現代に至るまで続いてきた、世界で最も歴史ある陸上競技のひとつです。 公式競技に使用できるやりは、長さ・重さが細かく規定されています。 男子は長さ260〜270p・重さ800g以上、女子は長さ220〜230p・重さ600g以上です。