ハードル走の熟練度で変わる目線の位置

【ハードル走中の目線はどこに向けていますか?】

ハードル走の熟練度で変わる目線の位置

鹿屋体育大学が公開したハードル走に関する論文にて

「熟練者の視線行動を初級者に学習させることで、初級者特有の歩幅長の変動を減少させる可能性がある」
という一文がありました。

 

ハードル走において「初心者と上級者では目線の位置が違う」とは昔から言われてきたことですが、目線の位置を変えることで上達に繋がるという発想は、なかなか面白いと思います。

 

そもそも皆さんはハードル走をはしっている間、目線をどこに向けていますか?

 

「走りながら自分がどこを見ているかなんて考えたこともなかった」という方も多いのではないでしょうか。

 

ハードル走の世界では、それほど「目線の高さ」を重要視する考え方が浸透していませんから、それも仕方のないことです。

 

目線の高さを変えることで、どれほどの効果が出るのかは未だ研究中とのことですが、先の論文によれば「初心者と上級者の目線は明確に違うことが判明した」と結論づけています。

 

効果の有無はさておくとしても、初心者と上級者に目線の違いがあるという事実は、何らかの合理性を持っているとみて間違いないのではないでしょうか。

 

 

【初心者は「ハードル」に目線を合わせている】

 

  • ハードル走に不慣れな初心者は、主に「ハードル」を見ながら走っている

といいます。

 

それも、飛び越えるべきハードル全てを見ているわけではなく「今飛び越えるハードル」に目線を合わせているのです。

 

ハードルに対する恐怖心からくる部分もあるようですが、どちらかと言えば「ハードル間の距離」を把握できていないことが、ハードルを注視する原因になっているようです。

 

慣れればハードル間を、一定の歩幅で駆け抜けられるようになるためリズム感で跳べますが、初心者はハードル間の歩幅が、3歩になったり4歩になったりと安定しないのでハードルを見ながら跳ぶしかないのです。

 

 

 

 

【中級者は「足」に目線を合わせている】

 

ある程度ハードル走に慣れてくると、ハードルそのものを注視する時間は減っていきます。

 

自分の歩幅でハードル間の距離を測れるようになるため、あまりハードルを見る必要がなくなってくるためですね。

 

ただ、その代わりに

  • 「自分の足」に目線を合わせる方が増えてくる

ようです。

 

足の位置がキチンと一定になっているか確認したり、飛び越える瞬間の足のフォームを注視してしまう傾向があります。

 

ハードルだけをジッと見るよりは余裕があるともいえますが、足ばかりを見ることでフォームが崩れる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

【上級者は「前方」に目線を合わせている】

 

  • 上級者は「前方」に目線を合わせていることが多い

といいます。

 

オリンピックや世界陸上で活躍するプロの選手を見てみると、確かに目線が上下左右にブレている様子はありませんね。

 

ほとんどの選手が真っすぐに前を向いたまま、キョロキョロせずにトラックを走り抜けています。

 

初心者と上級者では、ハードルを見るタイミングにも大きな違いがあるようです。

 

上級者もハードルを見ることはありますが、
初心者が「飛び越える瞬間」にハードルを見るのに対し、上級者は「次のハードル」を見ています。

 

ハードルを飛び越えた瞬間には、次のハードルへの歩幅調整を脳内で行っており、常に先を読みながら走っているということになりますね。

 

走り幅跳び上達法

ハードル走上達のコツ無料メールマガジン

ハードル用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

ハードルで自己ベストを更新する練習法はこちら

ハードル走の基礎やトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

逆脚の習得で400Mハードルのライバルに差をつけろ!
110mハードルに比べ、ハードルの技術より走力が重要と思われている400mハードルですが、走力だけではなくレースパターンがタイムに大きく影響を与えることが分かっています。中盤にいかにスピードを落とさないかが、レース全体の記録向上につながると言えます。レース中盤の失速を抑えるための逆脚技術を習得するための練習方法を紹介いたします。
ハードルを倒しがちな方は「抜き足」を学び直そう
ハードル走を初めて1年ほどが経てば、多くの選手はハードルに対する恐怖感も抜けて記録を伸ばせるようになってくるでしょう。恐怖感なく走れるようになってきた段階が、ハードル走における「中級者」の証だと考える方も少なくありません。しかし中級者になると、「ハードルを倒す」というミスをしてしまう方が増えてきます。最小限の動きで記録を伸ばそうとするあまり、跳躍が足りずにハードルに足をひっかけてしまうからです。中級者は、「ハードルを倒さずに走り抜ける」という次のステップに進むべきです。
リズム感を身につければハードル走の記録はグンと伸びる
ハードル走で良い記録を出すためには「リズム感」が必要不可欠です。走力や跳躍力ばかりを重要視していては、いつまでたっても上達できないでしょう。速く走ることが記録に繋がるのは当たり前ですが、短距離走のような感覚でスピードを出すと、ハードルを上手く超えることができません。ハードルを超えるためにはジャンプする必要がありますが、あまり高く跳び過ぎると大きなタイムロスになりかねません。このように、走力や跳躍力は必要なものであっても、ハードル走において最重要な要素ではないのです。
小学生でもハードル走に馴染めるようになる練習法とは?
100m走やリレー競技などに比べれば、小学生のハードル走の競技人口は少ない傾向にあります。やはり「走る」という動作に加えて「跳ぶ」という動作が入るハードル走には恐怖感を覚えてしまう子が多いからです。小学生の子供たちにハードル走を指導するのならば、この「恐怖感」を取り除いてあげる必要があるといえるでしょう。そこで今回は、前途有望な小学生選手を指導する立場の方に知ってもらいたい「小学生でもハードル走に馴染めるようになる指導法」をご紹介したいと思います。
ハードル間のスピード向上が記録短縮のカギ!
ある水準までハードルの経験を積んだ場合、ハードリング技術の向上だけでは記録を短縮することができません。記録を短縮するためにはハードル間のスピードを上げるしかないといえ、いかにハードル間を速く走るかが記録短縮のカギになることが分かります。もちろん、ハードルを始めたばかりの方は、ハードリング練習をすることが記録を短縮する近道になるといえるでしょう。しかし、ある程度経験を積まれた方は、ハードリング練習以外の練習をすることが記録の短縮につながるといえます。そこで、今回はハードル間を速く走れるように練習で気を付ける3つの点について紹介します。
110mハードル走のアプローチにおける「7ステップ」は有効か?
110mハードル走における面白い実験結果があったのでご紹介したいと思います。アプローチの歩数は「7ステップ」と「8ステップ」のどちらが有利なのかという最新のスポーツ論文に基づくものです。経験者ならご存知だと思いますが、これまで日本の陸上界では8ステップが主流でした。110mハードル走(女子は100m)の場合、アプローチは男子13.72m、女子13.00mなので、この距離を8ステップで走り切ってしまうわけです。13m以上の距離をたった8ステップで走ることは、初心者にとっての大きな関門のひとつとなります。
ハードル走に「利き足」の優劣はあるの?
今回は、利き足についての知識をご紹介しておきたいと思います。知ったところで簡単に矯正できるものでもありませんし、ハードル走においては優先度が低い要素ではありますが、利き足による優劣は「確かに存在する」からです。ハードル走を続けるならば、あくまで知識のひとつとして自分の利き足くらいは知っておいたほうがいいでしょう。
ハードル走で速く走る為に必要な事とは?ハードリング技術について
ハードル走を速く走る為には、純粋にスプリント(短距離)の速さとハードリング技術が必要となります。 スプリントについては日頃の練習の成果がそのまま結果に結びつくものでありますので、ここではハードリング技術について書いていきたいと思います。ハードルへの恐怖心を無くすには?ハードリング時の脚の動き、インターバル間の走り方!ハードルを倒す原因とは!について解説していきます。
ハードル走の記録は1台目で決まる
ハードル走で良い記録を出すためには、スタートラインから1台目のハードルまでの区間が最も大切なプロセスになります。「ハードル走の記録は1台目で決まる」という指導を受けた経験がある方も多いのではないでしょうか。どうして1台目のハードルが重要なのかというと、それはこの区間がハードル走で唯一の「加速区間」になるからです。つまり1台目までの8歩でしっかり加速しておかなければ、残りの区間ではそれ以上加速することが難しくなってしまうというわけです。