ハードルを倒しがちな方は「抜き足」を学び直そう

中級者にありがちな「ハードルを倒す」というミス

ハードルを倒しがちな方は「抜き足」を学び直そう

ハードル走を初めて1年ほどが経てば、多くの選手はハードルに対する恐怖感も抜けて、記録を伸ばせるようになってくるでしょう。

 

恐怖感なく走れるようになってきた段階が、ハードル走における「中級者」の証だと考える方も少なくありません。

 

しかし中級者になると、「ハードルを倒す」というミスをしてしまう方が増えてきます。

 

最小限の動きで記録を伸ばそうとするあまり、跳躍が足りずにハードルに足をひっかけてしまうからです。

 

初心者はとにかく「ハードルにぶつからないように跳ぶ」ということを目標にしますから、意外と初心者の方がハードルを倒す頻度は少ないくらいです。

 

現在のハードル走のルール上、ハードルを倒すということ自体が、反則になるわけではありません。

 

ただし、やはりハードルに足がひっかかると減速してしまいますし、リズムよい走りができなくなるので、記録が伸び悩むのが一般的です。

 

稀にハードルを倒しても、減速せずに走れる技術の持ち主もいますが、ハッキリ言ってこれはかなり才能のある、ひと握りの選手しかできないので現実的ではありません。

 

最近ハードルを倒す頻度が増えてしまったという中級者は、「ハードルを倒さずに走り抜ける」という次のステップに進むべきです。

 

倒れるハードルを少なくすることができれば、きっとタイムもその分縮まってくれるはずですよ。

 

「抜き足」の練習を徹底的に行おう

ハードルを超えるとき、まっすぐに伸ばす足のほうを「振り上げ足」といいます。

 

そしてもう一方の曲げるほうの足を「抜き足」といいます。

 

ハードルを倒す中級者の走りを見ていると、抜き足が上手くいっていない選手が多いことがわかります。

 

振り上げ足は、しっかりとハードルを越えているものの、抜き足がハードルをひっかけて倒してしまっているわけです。

 

つまり、

  • 中級者がハードルを倒さずに走り抜けるためには、抜き足を徹底的に練習する

ことが大切なのです。

 

ハードルを跳ぶ瞬間、

  • 抜き足は振り上げ足に対して90度、かつハードルに対して平行の角度

にします。

 

抜き足の角度が少しでもズレると、ヒザがハードルに当たってしまったり、つま先がハードルにひっかかってしまいます。

 

こればかりは一朝一夕で身につくものではありませんので、正しい抜き足の角度をマスターできるまで、何度もハードルを跳び越えるしかありません。

 

練習を行う際は、

  • ゴール側から録画した自分の跳躍を見直してみる

のも効果的です。

 

自分ではしっかり抜き足を90度に曲げているつもりでも、動画で確認してみると、全然曲がりきっていない場合があります。

 

跳んでは動画を確認、跳んでは動画を確認と何度も繰り返し、理想のフォームで跳べるようになるまで練習を続けましょう。

 

 

 

抜き足をマスターするには「柔軟性」も必要不可欠

綺麗な抜き足を行なうためには、足を振り上げ足に対して90度に曲げる必要があります。

 

…と口で言うのは簡単ですが、これが実際にはなかなか難しい技術です。

 

跳んだ瞬間に抜き足を90度に曲げるためには、まず

  • 「柔軟性」が必要不可欠

です。

 

普段からしっかりと柔軟を行っていなければ、跳ぶ瞬間どころか、ストレッチの段階でも抜き足を綺麗に曲げることはできません。

 

股関節の柔軟性を上げるために、練習前だけでなく、自宅でもコンスタントに柔軟を行うよう心がけましょう。

 

柔軟の効果は、体が暖まっているときに現れやすいと言われているため、

  • 入浴後などに柔軟体操を行う習慣

をつけるのがオススメです。

 

股関節やヒザの柔軟性を上げることのできる方法なら、手段は問いませんが、簡単なヨガを取り入れるのもよいでしょう。

 

ヨガは関節に負担をかけることなく柔軟性を上げてくれますし、意外にもハードル走に必要な筋力を鍛えることにも役立ちます。

 

自宅でヨガを学ぶならこちらがおすすめ

 

ハードルを倒すことを前提とした走り方

ここまで、抜き足を学び直すことによる「ハードルを倒さない走り方」のポイントをご紹介してきました。

 

しかし世界には「ハードルを倒すことを前提とした走り方」もあるということを、最後にちょっとご紹介しておきます。

 

手放しに推奨することはできませんが、ハードルを倒すこと自体が悪なのではない、という見本として頭の片隅に入れておいてください。

 

ハードルを倒しながら走る選手として、世界で最も有名なのは、おそらくアメリカの「アレン・ジョンソン」ではないでしょうか。

 

彼は1996年の、アトランタオリンピックで金メダルを獲得した偉大な選手でありながら、「ハードルなぎ倒し男」という愛称で呼ばれる異色の選手です。

 

アレン・ジョンソンは、間違ってハードルを倒しているのではなく、腿の部分でわざとハードルを倒していました。

 

ルール上、故意にハードルを倒すことは禁止とされていますが、アレン・ジョンソンのように、見た目からは故意に倒しているのかどうか確認しづらい場合は黙認されています。

 

彼は自分のハードルの倒し方について「常に最良の倒し方をしている」と語るなど、ハードルを倒すことを「技術」として扱っていました。

 

実際、アレン・ジョンソンは、最小限の労力でハードルを倒すという技術を駆使して、引退までに数々の世界大会で、合計12回も1位を獲得しました。

 

彼の卓越した才能と技術あって成り立つ方法とはいえ、アレン・ジョンソンの走り方を見ていると、記録を出すためには「ハードルは絶対に倒してはいけない!」というわけではないのだと教えてくれます。

 

どう練習してもハードルを倒してしまうという選手は、それでも大記録を打ち立て続けた、アレン・ジョンソンの走りを参考にしてみるとよいかもしれませんね。

 

走り幅跳び上達法

ハードル走上達のコツ無料メールマガジン

ハードル用スパイクを購入するならこちらがおすすめ

ハードルで自己ベストを更新する練習法はこちら

ハードル走の基礎やトレーニング方法を学ぶならこちら

7年間で13人もの生徒を陸上競技の日本一に育てた技術とは?

大会や本番で自分の実力を100%発揮する方法はこちら

関連ページ

逆脚の習得で400Mハードルのライバルに差をつけろ!
110mハードルに比べ、ハードルの技術より走力が重要と思われている400mハードルですが、走力だけではなくレースパターンがタイムに大きく影響を与えることが分かっています。中盤にいかにスピードを落とさないかが、レース全体の記録向上につながると言えます。レース中盤の失速を抑えるための逆脚技術を習得するための練習方法を紹介いたします。
リズム感を身につければハードル走の記録はグンと伸びる
ハードル走で良い記録を出すためには「リズム感」が必要不可欠です。走力や跳躍力ばかりを重要視していては、いつまでたっても上達できないでしょう。速く走ることが記録に繋がるのは当たり前ですが、短距離走のような感覚でスピードを出すと、ハードルを上手く超えることができません。ハードルを超えるためにはジャンプする必要がありますが、あまり高く跳び過ぎると大きなタイムロスになりかねません。このように、走力や跳躍力は必要なものであっても、ハードル走において最重要な要素ではないのです。
小学生でもハードル走に馴染めるようになる練習法とは?
100m走やリレー競技などに比べれば、小学生のハードル走の競技人口は少ない傾向にあります。やはり「走る」という動作に加えて「跳ぶ」という動作が入るハードル走には恐怖感を覚えてしまう子が多いからです。小学生の子供たちにハードル走を指導するのならば、この「恐怖感」を取り除いてあげる必要があるといえるでしょう。そこで今回は、前途有望な小学生選手を指導する立場の方に知ってもらいたい「小学生でもハードル走に馴染めるようになる指導法」をご紹介したいと思います。
ハードル間のスピード向上が記録短縮のカギ!
ある水準までハードルの経験を積んだ場合、ハードリング技術の向上だけでは記録を短縮することができません。記録を短縮するためにはハードル間のスピードを上げるしかないといえ、いかにハードル間を速く走るかが記録短縮のカギになることが分かります。もちろん、ハードルを始めたばかりの方は、ハードリング練習をすることが記録を短縮する近道になるといえるでしょう。しかし、ある程度経験を積まれた方は、ハードリング練習以外の練習をすることが記録の短縮につながるといえます。そこで、今回はハードル間を速く走れるように練習で気を付ける3つの点について紹介します。
110mハードル走のアプローチにおける「7ステップ」は有効か?
110mハードル走における面白い実験結果があったのでご紹介したいと思います。アプローチの歩数は「7ステップ」と「8ステップ」のどちらが有利なのかという最新のスポーツ論文に基づくものです。経験者ならご存知だと思いますが、これまで日本の陸上界では8ステップが主流でした。110mハードル走(女子は100m)の場合、アプローチは男子13.72m、女子13.00mなので、この距離を8ステップで走り切ってしまうわけです。13m以上の距離をたった8ステップで走ることは、初心者にとっての大きな関門のひとつとなります。
ハードル走に「利き足」の優劣はあるの?
今回は、利き足についての知識をご紹介しておきたいと思います。知ったところで簡単に矯正できるものでもありませんし、ハードル走においては優先度が低い要素ではありますが、利き足による優劣は「確かに存在する」からです。ハードル走を続けるならば、あくまで知識のひとつとして自分の利き足くらいは知っておいたほうがいいでしょう。
ハードル走で速く走る為に必要な事とは?ハードリング技術について
ハードル走を速く走る為には、純粋にスプリント(短距離)の速さとハードリング技術が必要となります。 スプリントについては日頃の練習の成果がそのまま結果に結びつくものでありますので、ここではハードリング技術について書いていきたいと思います。ハードルへの恐怖心を無くすには?ハードリング時の脚の動き、インターバル間の走り方!ハードルを倒す原因とは!について解説していきます。
ハードル走の熟練度で変わる目線の位置
鹿屋体育大学が公開したハードル走に関する論文にて「熟練者の視線行動を初級者に学習させることで、初級者特有の歩幅長の変動を減少させる可能性がある」という一文がありました。ハードル走において「初心者と上級者では目線の位置が違う」とは昔から言われてきたことですが、目線の位置を変えることで上達に繋がるという発想はなかなか面白いと思います。目線の高さを変えることでどれほどの効果が出るのかは未だ研究中とのことですが、先の論文によれば「初心者と上級者の目線は明確に違うことが判明した」と結論づけています。効果の有無はさておくとしても、初心者と上級者に目線の違いがあるという事実は、何らかの合理性を持っているとみて間違いないのではないでしょうか。
ハードル走の記録は1台目で決まる
ハードル走で良い記録を出すためには、スタートラインから1台目のハードルまでの区間が最も大切なプロセスになります。「ハードル走の記録は1台目で決まる」という指導を受けた経験がある方も多いのではないでしょうか。どうして1台目のハードルが重要なのかというと、それはこの区間がハードル走で唯一の「加速区間」になるからです。つまり1台目までの8歩でしっかり加速しておかなければ、残りの区間ではそれ以上加速することが難しくなってしまうというわけです。